HOME > イボの治し方 > イボコロリでイボはよくなる?効果や使い方を徹底調査!

イボコロリでイボはよくなる?効果や使い方を徹底調査!

その名の通りイボをとってくれるという有名なイボコロリ。
イボに悩んでいる方は使ってみたいと思ったことがあるはず。
でも実際に使って大丈夫なのか、どんなイボでもとれるのかと色々疑問があるでしょうね。

そんなイボコロリについてまとめてみました。
イボコロリを効果的に安全に使うためにも、ぜひこの記事で疑問を解決していってくださいね!

イボコロリってどんな薬?

イボコロリは横山製薬が出しているイボをとるための医薬品です。
液体タイプと絆創膏タイプの2種類が有名ですが、2012年から内服錠も販売されています。
内服錠は液体、絆創膏タイプと主成分が違い、患部への作用も異なります。

イボコロリ(液体・絆創膏タイプ)の成分

イボコロリの主成分にはサリチル酸という薬剤が配合されています。
サリチル酸は皮膚の角質を柔らかくする作用があり、イボなどの固くなった患部を腐食させて柔らかくします。

イボがとれる仕組み

サリチル酸によって柔らかくなった皮膚の下では、新しい皮膚を再生しようと細胞分裂が活発になります。

新しい皮膚が下からどんどんイボを押し上げていき、最後にはイボが皮膚からとれるという仕組みになっています。

使える部位は足や手の指など

サリチル酸は非常に強い成分でイボだけでなく健康な皮膚にも影響します。
イボの周りの健康な皮膚に付着すると、その部分も軟化するので皮膚を傷つける恐れがあります。

特に粘膜や、顔などの皮膚が薄くて弱い部分への使用は厳禁です
肌荒れや色素沈着を起こす可能性もあるので、顔や首などへの使用は絶対にやめましょう。

また狭い範囲に群生しているイボにも使えません。
一つだけできた固いイボのみに使用できると覚えておきましょう。

顔・首に使うなら専用のケアアイテム!

首や顔、胸元などの皮膚の柔らかい部位のイボには専用のケア専用ジェルがおすすめです。
イボケア専用のジェルはサリチル酸ではなく、ハトムギの種から抽出されたヨクイニンという成分を主成分にしています。

ヨクイニンには皮膚の新陳代謝を促進させたり、新しい細胞の生成を助ける働きがあります。
子供もとれる成分で刺激もなく、何より患部に塗らないので皮膚を傷つける心配がありません。

老人性イボなど首や頭、顔周りのイボをとりたい場合は専用のジェルがおすすめです。

顔や首の老人性のイボケアができるのは『クリアポロン』


 

  • イボコロリでは治療できない老人性イボに使える!
  • イボの原因に効くヨクイニン&あんずエキスを配合!
  • 今なら初回購入が1,800円!180日間の返金保証もあるから安心

老人性のイボケアでおすすめの商品が『クリアポロン』です!

クリアポロンは自然由来の成分のため顔や首周りなどデリケートな部位のイボもケアできます!

初回購入1,800円で180日間の安心返金保証!


今なら初回購入で”通常料金の73%オフ”の1,800円で購入できます!

また『180日間の返金保証』が付くので、効果がないと感じたらいつでもお金が返ってきます。

つまり、返金保証があり購入価格が安いので、自宅でのイボケアを気軽に試せるのです!

イボコロリでは治療できない顔や首のイボをケアしたい人は、ぜひ試してみてくださいね。

クリアポロンの詳しいキャンペーン内容は公式サイトを確認!

>>クリアポロンの詳細を確認する

>>イボコロリとイボケアジェルの効果を比較した内容はコチラ!

イボコロリでとれるイボのタイプ3種類

イボコロリの主成分サリチル酸はウイルス性のイボに効果を発揮します
ウイルス性のイボでイボコロリを使用できるものは主に3種類で、手や足など皮膚の固い部分のイボになります。

すべてのイボにイボコロリが使えるわけではないので、その点はしっかり押さえておく必要があります。
自分のイボにイボコロリが使えるかどうか使用前に確認しておきましょう。

①尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)

尋常性疣贅(イボ)は手や足など外傷のできやすい部位によく見られるタイプのイボです。
傷口からウイルスが侵入し感染することが原因です。
最初は小さな1ミリ程度のものですが、だんだん大きく固くなり表面がザラザラしてきます。

②足底疣贅(そくていゆうぜい)

こちらは尋常性疣贅が足裏にできたものです。
体重によって圧迫されるので、膨らんでおらず平らな形状をしています。
プールや温泉など、裸足で歩く人から感染することが多いイボです。

③青年性扁平イボ

その名前の通り青年期にできやすいイボで、ウイルスの侵入によって発生します。
皮膚と同じような色あるいは褐色をしており、小さなシミのように見え手の甲などによくできます。
皮膚が厚く固くなる点で、シミとの違いを見分けます。

首にできることもありますが、その場合はイボコロリは使用しないでください。

注意!老人性イボや水イボには使用しないこと

老人性イボは加齢イボとも呼ばれ、加齢と共に顔や頭、首周りなど皮脂腺の多い場所にできるイボです。
最初は茶褐色のシミのような色素沈着で、だんだんと角質が厚くなって隆起してくるものです。

顔や首周りの皮膚は薄いのでサリチル酸の刺激によって傷つき、炎症や痕を残す恐れがあります
イボコロリの説明書にも使用しないよう書かれていますので注意してください。

また水イボへの使用も禁止されています。
水イボはブヨブヨして柔らかいイボなので、固くなった皮膚を柔らかくするというイボコロリの目的からは外れています。

柔らかい部分にイボコロリを使うことで、かえってダメージを広げてしまう恐れがあるため使用は控えましょう。

同様に陰部や肛門にできる性感染症のイボ(尖圭コンジローム)にも使用できませんので注意してください。

▽イボの種類・原因について詳しく知りたい方は以下の記事も合わせて読んでくださいね!
どうしてできる?イボの原因を部位別・種類別に解説!

イボと魚の目、タコの見分け方は?

イボと見分けがつきにくいものに魚の目やタコがあります。
似ていますがそれぞれ特徴がありますので見分け方を覚えておきましょう。

まずイボやタコは触っても痛くありませんが、魚の目は触ったり圧迫されると痛みがあります。
また魚の目には中心に白い芯のようなものがありますがイボには見られません。

この芯が魚の目のように見えるということから魚の目と呼ばれているので、比較的見分けやすいでしょう。

次にタコですが、タコはペンダコのように長期間圧迫され続けることでできるので、よく使う部位や圧迫されやすい部位に多く見られます。
またイボのように丸く隆起しておらず、どちらかと言えば平たいのも特徴です。

イボは削ると出血しますが、魚の目やタコは出血しません。

魚の目とタコにはウオノメコロリを

魚の目やタコには専用のウオノメコロリという商品がありますので、こちらを使用しましょう。
普通のイボコロリも使えますが、ウオノメコロリには角質を湿らせる作用のある乳酸が加えてあります。

魚の目やタコはイボよりも固いものが多いので、それら専用に工夫されたウオノメコロリの方がより効果的に治せます。
痛む患部を保護するウオノメパッドもついているので魚の目の痛みを和らげてくれます。

ウオノメコロリには液体と絆創膏タイプの2種類があります。
ただしウオノメコロリはイボに使っても効果がありませんので注意してください。

イボコロリの種類と使い方

イボコロリの種類別に使い方を簡単にご説明していきましょう。

絆創膏タイプの使い方

①まずは患部を清潔に乾いた状態にします。
②絆創膏の薬剤部をずれないように患部にしっかり貼り付け2~3日そのままにしておきます。
③サリチル酸によって患部が白く変化したら、ピンセットなどで患部を取り除きます。
④患部が完全にとれるまで①~③を繰り返します。
患部を取り除いた後の皮膚は自然に再生されるので心配いりません。

途中で絆創膏が剥がれた場合は、患部をよく乾かして新しい絆創膏と取り換えましょう。
ずれた絆創膏の薬剤が患部以外の皮膚を傷つけてしまう恐れがあります。

絆創膏はSサイズ~Lサイズまでと、好きな大きさに切って使うフリーサイズの計4種類があります。

液体タイプの使い方

①キャップに付属した棒の先に液をつけ、患部に1滴ずつ塗ります。
②乾いたら白い被膜になるので、次に塗る際は被膜をはがしてから塗ります。
③1日4回繰り返します。
④3~4日ほどで患部が白く変色したら、ピンセットなどで患部を取り除きます。
⑤患部が完全にとれるまで①~④を繰り返します。

塗るとすぐに乾くので、乾いた後は入浴や水仕事をしても差し支えありません。
液体が目に入らないよう注意してください。
万が一目に入った場合はすぐにぬるま湯で洗い流し、眼科を受診してください。

液体タイプには6mlと10mlの2種類があります。

内服錠の使い方

老人性イボなど首や顔、胸元のような皮膚の柔らかい部位にできたイボには内服錠を使用しましょう。
ただし即効性はないので、焦らずじっくりとり続けることが肝心です。

内服錠は180錠入りで、5歳以上から服用できます。
15歳以上の場合1回6錠を1日3回、食前または食後に服用します。

医師の治療を受けている方、妊婦、薬によるアレルギー症状を起こしたことがある方などは注意が必要です。
事前に医師や薬剤師に相談してください。

イボコロリの効果的な使い方と注意点

イボコロリをより使いやすくする方法と注意点をお話しておきます。

温めてから使うと効果的

イボコロリを使う前には蒸しタオルやお湯につけるなどして温めておくと効果的です。
薬剤が患部に浸透しやすくなります。

また取り除く際も患部をお湯につけながら行うと取り除きやすくなります。
入浴中に行うと手間が少なくて便利です。

患部(イボ)以外には使わないこと

多数のイボができている場合、一度に全部のイボに使いたいところですがそれは避けましょう。
サリチル酸は強い薬剤なので、イボの周りの健康な皮膚も傷つけてしまう恐れがあります。
必ず1ヶ所または2ヶ所ずつ、イボのみに使用するようにしてください

1つずつ丁寧に、なるべく周りの皮膚を傷つけないよう注意しながら使いましょう。
また指の間などに薬剤が残らないよう念入りにお手入れをしてください。

芯はしっかり取り除く

魚の目の場合は中心にある芯をしっかり取り除きましょう。
芯が残っているとまた再発してしまうので、残らないよう注意してください。

イボも柔らかな皮膚が見えるまで患部はしっかり取り除きましょう。
ウイルス性のイボは取り除かないとまた再発する恐れがあるため、途中でやめないようにしましょう。

イボの周りを傷つけないように

しっかり取り除くとはいえ、周りの皮膚や神経まで傷つけてしまっては大変です。
イボを取り除く際に痛みを感じたらすぐに手を止めましょう。
痛みを感じるほど傷つけてしまうと痕が残ってしまう恐れもあります。

再発を防ぐために保湿や体質改善もしっかり

通常、人の体はウイルスなどの外敵の侵入を防ぐ免疫力を持っています。
しかし何らかの理由で免疫力が弱っていると外敵の侵入を許し、ウイルス性のイボなどを発生させてしまいます。

そうならないよう、バランスのとれた食事や質の高い睡眠、適度な運動で体の免疫力を普段から培っておきましょう

また乾燥にも要注意です。
かゆみでかきむしったりすると傷ができたり、皮膚が弱くなってそこからウイルスが侵入しやすくなります。

乾燥は肌のバリア機能を弱まらせ、イボだけでなく様々なダメージを引き起こしてしまいます。
普段から十分な保湿で肌の乾燥を予防し、バリア機能が正常に働くよう心がけましょう

イボに効く食べ物で効果アップ

ヨクイニンを多く含むハトムギ茶には様々な効能があり、昔からイボの薬としても飲まれてきました。
普段の食事にプラスして体の中からもサポートしてあげましょう。

他にも色の濃い黄緑色野菜やアーモンド、ひよこ豆、納豆などの豆類、ヨーグルト、キノコ類などもイボの改善に役立ちます。

腸内環境を整え、過剰なタンパク質を分解する食事をとることはイボの改善に有効です。
普段の食生活を見直し、とれない栄養はサプリメントで補うなど工夫していきましょう。

イボコロリはイボ以外にも効果あり?

ネットではイボコロリはイボだけでなくシミやほくろにも効果があるという口コミがたくさん書かれています。

皮膚を柔らかくしてイボや魚の目をとるのなら、シミやほくろだってとれるはずという発想からきているのでしょう。
しかしその行為はとっても危険です!

シミやほくろに使うとどんな危険性があるのか検証していきましょう。

イボコロリでシミがとれる?

イボコロリを使うと皮膚にかさぶたができ、そのかさぶたがはがれる時に患部も一緒にはがれることがあります。
どうやらこのことが、シミを一緒にはがしてくれたという例につながっているようです。

しかしイボコロリはあくまでもイボをとる薬であって、シミを薄くしたり消したりするものではありません。
当然配合されている有効成分もアプローチの仕方も異なります。

シミはメラニン色素が大量に発生することなどでできる、いわゆる色素沈着です。
そこに非常に強いサリチル酸を塗るとどうなるでしょう?

シミを薄くするどころか一層ひどい色素沈着や炎症を引き起こしたり、最悪の場合一生消えない痕が残ってしまう恐れもあります

イボコロリは肌荒れを防ぐために患部以外に使用することを禁止しています。
シミはバリア機能が正常に働かず、外的刺激によるダメージを受け続けた結果できたもの。
そこにイボコロリを使うと、弱っている部分を一層悪化させる結果に陥ってしまいかねません。

イボコロリでほくろがとれる?

同じようにイボコロリはほくろ用の薬でもありませんし、イボ以外に使うことは非常に危険です。
口コミでは炎症や色素沈着がひどくなったり、逆にほくろが大きくなったという意見の方が実は多いのです。

またほくろにはいくつも種類があり、中には悪性のメラノーマ(ガン細胞の一種)の場合もあります。
そのようなほくろは当然のことながら自己治療で治すことはことはできませんし、下手をすると悪化させてしまう恐れもあります。

ほくろがとれたという意見はたまたま成功したというだけであって、ごくわずかな例にすぎません。
ただでさえ見分け方が難しいほくろですから、とりたい時は必ず専門医に診てもらう必要があります。

医薬品はそれぞれの症状に特化した性質と効果を持つ分、副作用やリスクも大きいもの。
きちんと検証された結果からその用途を導き出してあります。
効きそうだからという安易な理由で本来の用途を外れた使い方をするのは絶対にやめましょう

イボコロリが使える種類のイボをしっかり見極めて、正しい使い方を

イボコロリを使う上で大切なことは以下の4つです。

①自分のイボがイボコロリが使えるものかどうか確認する
②患部以外には使用しない
③本来の使用目的から外れた使い方はしない

④使用上の注意をよく読み、正しい用法、用量を守る
これらを押さえて使用するのであれば、イボコロリは簡単でとても有効な医薬品です。

また普段の生活習慣も見直しながら、体の中からもイボをとる手伝いをしてあげましょう。
イボの再発、予防にもつながります。
ヨクイニンを意識的にとってあげると効果もアップするのでハトムギ茶などがおすすめです。

そして、老人性のイボをケアしたい方は『クリアポロン』でケアしてみるのもおすすめですよ!

>>クリアポロンの詳細を確認する

皮膚科に行かずに自宅でケア!イボケア商品ランキング

商品 キャンペーン
通常6,800円が今だけ1,800円!
詳細はコチラ
通常9,800円が今だけ2,980円!
詳細はコチラ
通常8,424円が今だけ7,582円!
詳細はコチラ
>>どうしてクリアポロンが1位?他商品との比較など詳細はコチラ!