HOME > イボ治療 > イボをレーザー治療ってどう?方法や流れ、料金を徹底リサーチ!

イボをレーザー治療ってどう?方法や流れ、料金を徹底リサーチ!

プツッとできたできもの、気になりますね。
ほくろでもないし、ニキビでもない。
なかなか治らないできものは、イボかもしれません。

イボにはいろいろ種類もあり、治療法もさまざま。
その中でもレーザー治療がいいと聞きますが、実際はどうなのでしょうか。
今回はイボの種類や治療法についてご紹介します。

【PR】イボケアでおすすめのアイテム

イボの種類とイボを除去する治療法

イボには種類も治療法もいろいろあります。
まずはイボがどのようなものか、また治療法はどのようなものがあるかを見ていきましょう。

そもそもイボとはどんなもの?

イボにはいろいろな種類があります。
まずは皮膚にできたできものがどのようなイボなのかを見極める必要がありますね。
イボは大きく分けてウイルス性のものと非ウイルス性のものがあります。

ウイルス性のものは「ヒトパピローマウイルス」というウイルスによる感染が原因です。
ウイルス性のイボは200種以上も種類があり、イボが発生した部分により種類が異なります。
ウイルス性のイボは治りにくく、感染の心配もあるので、病院での治療が必要です。

特に下着でこすれる部分やワキなどの手を動かすことによる刺激がある部分のイボは要注意。
放置していると感染により数が増えていくこともあります。

一方、非ウイルス性のイボは紫外線や加齢が原因でできることが多いイボです。
放置していても感染する心配はありませんが、自然に治ることはありません。

尋常性ゆうぜい(ウイルス性)

主に足の裏や手の指、ひざなどにできる5~8ミリでドーム状に盛り上がったものです。
表面は白っぽい色をしていて、さわると硬い感触のイボです。

ヒトパピローマウイルスによる感染が原因です。
手や足にできることが多いのですが、皮膚のどの部分にも感染する可能性はあります。
爪で引っかいてイボを傷つけたりすると、ほかの部分にうつります。

青年性扁平ゆうぜい(ウイルス性)

このイボは20歳前後の若い人の顔や手、背中、腕などにできやすいイボです。
30歳後半以降の人はほとんど感染しないと言われています。
大きさは2~5ミリと米粒よりも小さめで少し盛り上がり、薄い茶色をしています。

このイボもウイルスの感染が原因で、一見すると湿疹やシミのように見えます。
何気なく引っかいたり、こすったりすると中のウイルスを周りに広げてしまうことがあります。
自然に消えることもありますが、再発や他の部分に移る可能性もあり、要注意です。

コンジローム(ウイルス性)

これはウイルス感染により性器周辺にできるイボです。
小さなイボが集まってカリフラワーのような形になります。
性行為などで感染し、再発することが多いイボです。

完治まで半年から1年の通院治療が必要です。

ミズイボ(ウイルス性)

子どもに良く見られるウイルス性のイボで、ひじ、ひざ、ワキ、胸にできるイボです。
さわった感じは柔らかく、大きさは1~3ミリ程度のものが複数できます。
感染経路ははっきりしていませんが、イボが破れるとウイルスが拡散します。

一般的には皮膚科を受診し、ピンセットでつまんで取り除きます。
この時、かなり痛みがあるので、治療は苦痛をともないます。
しかも一度にすべてのイボをとることができないことも。

放置していて治ることもありますが、数が増えたり「とびひ」のようになることもあります。
再発も感染もしやすいため、専門医の治療を受けた方がいいでしょう。

老人性のイボ(非ウイルス性)

加齢により手のひらや足の裏以外の全身に出ることがあるイボです。
皮膚が老化する「脂漏性角化症」とも呼ばれています。
ウイルス性ではないため、感染で増えたりすることはありません。

はじめはは1~2ミリ程度の大きさで、薄い茶色から黒色まで色はさまざま。
だんだんと大きくなることも珍しくなく、形もいろいろです。
良性のものがほとんどですが、まれに悪性黒色腫というガンである可能性もあります。

レーザーによる除去

現在多くのクリニックで行われているのが炭酸ガスを使ったレーザー治療です。
レーザーによるイボの除去では、レーザーでイボをくりぬきます。

レーザーはイボのみを狙い、イボの周りへの肌に負担が少ない除去方法です。
痛みもそれほどなく、出血も少ないという特徴があります。
イボの大きさや数によって治療期間は異なりますが、3ヶ月から半年と短めです。

液体窒素による除去

液体窒素によるイボの除去は昔から行われてきました。
マイナス196℃の液体窒素を含ませて凍らせた綿棒で凍傷を引き起こして焼き切る方法です。
人為的にやけどをさせている状態なので、強い痛みを感じる人もいます。

ウイルスは皮膚の奥まで根を張っていることもあり、治るまで何度も行います。
3ヶ月から1年程度の治療期間がかかることが一般的です。
保険が適用されるため、費用を抑えて治療ができることがメリット。

ただし、ウイルスを除去しきれず、再発することもあります。
また、傷跡が残り、色素沈着からシミになることが多いようです。
それはイボの数が多いほど、目立ちやすくなります。

内服薬での除去

「ヨクイニン」というハトムギの種を乾燥させたものが入っている内服薬で治療する方法です。
ヨクイニンはタンパク質やミネラルを豊富に含んでいるため、免疫力を上げる作用があります。
体の免疫力を上げることで、ウイルスを除去していくことを目指す薬です。

イボの状態よって効果の出方が違うので、必ず専門医を受診し、処方してもらいましょう。

レーザーによる治療の流れと料金など

レーザーによる治療はウイルス性のイボだけでなく、老人性のイボにも適しています。
しかし、イボの治療をしたい人が気になるのは治療内容と料金ですね。
簡単な治療の流れと術後の注意点やケア方法と合わせて一般的な料金も紹介します。

レーザー治療の流れ

まずはイボの状態や大きさ、数を確認し、診察をします。
レーザーのテスト照射を行って、体質的に問題がないかを確認します。
確認の期間はテスト照射の傷が治る3か月程度です。

テスト照射による傷がきれいに治ったら、費用の見積もりを出してもらいます。
そして実際に施術を行う日程を決め、予約を入れます。

施術当日はクリームタイプの局所麻酔を使用し、レーザー照射を行います。
拡大鏡で確認しながらひとつひとつ照射していきます。
1回の照射自体は一瞬で終わるため、複数個のイボでも短時間で施術が終わります。

照射後はしばらく冷やし、炎症予防の薬や軟膏を塗ります。
当日は麻酔が切れると少し痛みを感じることがあります。
痛み止めを処方してもらえることもありますが、服用するほどの痛みはありません。

術後は施術翌日と1~2週間程度経過した後に診察を受けて傷跡を確認します。
問題がなければ通院は終了で、あとは自宅でのケアをしていきます。

術後の注意点

レーザー治療の当日は照射部分を水にぬらさないようにします。
傷がぬれないようにできれば、入浴も可能です。

術後1週間程度で新しい皮膚ができてきます。
この時、無理やりかさぶたをはがしたり、こすったりはNG。
傷跡を残さないようにするにはかさぶたが自然にはがれるのを待ちます。

かさぶたがはがれるまでは化粧はしないようにしましょう。

また、かさぶたが取れた後の新しい皮膚は赤くなっています。
これは通常起こることなので、自宅でケアをしながら経過を見守ります。
半年後ぐらいには周りの肌と同じ色になってきます。

レーザー治療の料金

イボは大きさにより1個当たりの料金が異なります。
クリニックによって値段の幅があり、1mmあたりの値段は500円~10000円までさまざま。

よく見かける価格帯は1mmあたり2000円~5000円です。
イボの大きさが大きくなると料金も高くなります。

また、イボの数が多ければ費用は値段×数となるので、必然的に高くなります。
このほかに、診察料や麻酔施術料、薬代もかかります。
治療費の総額を考えるとかなりの高額に感じるかもしれません。

しかし、ほかの治療法と比べて飛びぬけて高額なわけではありません。
液体窒素による治療は保険診療でリーズナブルですが、何度も通う必要があります。
数が多い場合や大きいイボの場合は治療期間も長くなります。

そう考えると液体窒素治療も総額は結構費用がかかります。
場合によってはレーザー治療より高額になることも。

治療後の処置と日常のケア

イボを除去した後、きれいに治すには術後のケアが大事。
日常、必ず行った方がいいケアについてお伝えします。

治療後は乾燥させない

治療後はかさぶたができるのが一般的です。
しかし乾燥させずにかさぶたを作らないようにすると、傷跡が残らずきれいに治ります。

この乾かさない傷の治療法は湿潤療法といいます。
傷を乾かさないことで体の中から出る浸出液が傷をきれいに治します。

そのためには、施術部分に軟膏を塗ったり、専用のシートやテープを貼って過ごします。

また、肌を乾燥させるとウイルスに感染しやすくなります。
再発を防ぐためにも、皮膚が再生された後は肌の乾燥に気を付けましょう。

治療後は清潔に

施術当日は水にぬらさないようにしますが、その後は入浴の際に石鹸で洗います。
必ずしっかりと泡立てて、こすらないようにしてください。
清潔にすることは感染予防のためにも必要です。

ビタミンAをはじめ、バランスよく食事をとろう

ビタミンAは体の抵抗力を保ち、感染症の予防に効果があります。
もちろん、体の免疫力をアップさせるにはそのほかのビタミンも必要です。
バランスのとれた食事はイボの再発も防ぎますので、食生活も整えていきましょう。

紫外線予防が大切

施術後の皮膚はとても弱くて敏感です。
赤みがあるうちはバリア機能が低下しており、炎症を起こしやすくなっています。
色素沈着もしやすくなっていますので、必ず紫外線予防をしてください。

レーザー治療のメリット、デメリット

イボにはレーザー治療がいいといわれるのはメリットが多いからです。
しかし、デメリットもないわけではありませんので、紹介していきます。

レーザー治療はメリットがいっぱい

レーザーによるイボの治療のメリットは大きく3つほどです。

痛みや出血が少ない

レーザー治療のメリットとしては施術中の痛みや出血が少ないことがあげられます。
麻酔を使用して施術しますので痛みはありません。
麻酔が切れた後も少しヒリヒリするといった日焼けの後のような痛みがある程度です。

また、レーザーを照射すると血管を一瞬で固めるので出血はほとんどありません。
傷の治りも早く、照射した部分の周りの皮膚へ負担もかかりません。

治療が短期間で終わる

レーザー治療では1~2回でイボを取り除くことができるため通院の手間がかかりません。
照射後に経過を見るために診察は必要ですが、何度も施術するということはありません。
そのため、照射後の傷が治れば治療は終了です。

また、再発することが少ないのも特徴。
イボの数や状態にもよりますが、治療期間は3ヶ月程度で長くても半年以内で終了します。

跡が残らない

レーザー治療ではイボだけに照射するので色素沈着が起こりにくく、跡が残りません。
特に顔や首などの目立ちやすい部分では跡が残らないのは大きなメリットです。

デメリット

レーザー治療のデメリットとして一番に挙げられるのは値段です。
保険が適用されないことが多いため、ほかの治療法に比べ費用がかかります。
治療を受けるクリニックによって値段が違い、イボの状態よっては高額になります。

また、レーザー治療ができない人もいます。
過去にできた傷跡が盛り上がるケロイド体質の人にはレーザー治療は向いていません。
そのほか、妊娠中の人やイボがある部分に傷や炎症がある人もレーザー治療はできません。

さらに、イボの状態によって皮膚の奥まで削ることがあります。
その場合は少し皮膚がへこんだようになることがあるようです。

レーザー以外で治す方法

イボができることはよくあるため、まずは市販薬で治そうとする人も多いもの。
ここでは市販薬やそのほかの治療法についてご紹介します。

市販薬で治そう

市販薬には外用薬と内服薬があります。
効果はあったり、なかったりいろいろです。

ぬるタイプまたは貼るタイプの市販薬(外用薬)

市販薬では「イボコロリ」や「スピール膏」が代表的です。
いずれも「サリチル酸」という成分が含まれています。
サリチル酸がイボを柔らかくし、新しい皮膚を再生させてイボをとるというものです。

しかし、サリチル酸はかなり強い成分です。
正常な肌に付くと肌荒れを起こしてしまうので、イボだけに塗ることが大切です。

内服薬

内服薬としては「ヨクイニン」が代表的。
病院で処方される内服薬と同じ成分が入っています。
錠剤や粉末のものが市販されています。

民間療法もいろいろです

昔から使われてきたイボの塗り薬としてはいろいろあるようです。
・ひまし油
・杏仁オイル
・イチジクの実や葉の汁
・ゆずの種を椿油につけたもの

どれも効果ははっきりとあるとは言えませんが、イボが取れることもあるようです。

またそのほか、ハトムギ茶を飲むという方法もあるようです。
ハトムギからはヨクイニンが抽出されることから、イボの治療に使われてきました。
毎日飲むことでイボを小さくするようなので、継続することがポイントです。

【PR】イボケアでおすすめのアイテム

レーザーでイボをすっきり!早めに治療を始めよう

顔や首などの目立つ部分のイボは気になりますね。
しかし、ウイルス性のイボの場合はなかなか治らず、感染も心配です。
人にうつしてしまうこともあるので、自己判断はおすすめできません。

レーザーによるイボの治療は、治療期間が短くて跡が残りにくいのがメリット。
治療法はいろいろですが、なるべくイボが小さいうちに始めると費用も少なくてすみます。

皮膚科に行かずに自宅でケア!イボケア商品ランキング

商品 キャンペーン
通常6,800円が今だけ1,800円!
詳細はコチラ
通常9,800円が今だけ2,980円!
詳細はコチラ
通常8,424円が今だけ7,582円!
詳細はコチラ
>>どうしてクリアポロンが1位?他商品との比較など詳細はコチラ!