HOME > イボ治療 > イボをレーザー治療ってどう?方法や流れ、料金を徹底リサーチ!

皮膚科に行かずに自宅でケア!イボケア商品ランキング

商品 キャンペーン
通常6,800円が今だけ1,800円!
>>詳細はコチラ<<
通常7,200円が今だけ1,980円!
>>詳細はコチラ<<
通常8,424円が今だけ7,582円!
>>詳細はコチラ<<
>>どうしてクリアポロンが1位?他商品との比較など詳細はコチラ!

イボをレーザー治療ってどう?方法や流れ、料金を徹底リサーチ!

ほくろでもニキビでもなく、なかなか治らないできもののひとつ、イボ。

イボの治療法はさまざまありますが、中でも多くのクリニックで行われているのが、炭酸ガスを使ったレーザー治療です。
レーザーによるイボの除去では、レーザーでイボをくりぬきます。

レーザーはイボのみを狙い、イボの周りへの肌に負担が少ない除去方法です。
痛みもそれほどなく、出血も少ないという特徴があります。

そこで今回は、イボの種類や治療法についてご紹介します。

レーザーによる治療の流れと料金など

レーザーによる治療はウイルス性のイボだけでなく、老人性のイボにも適しています。

イボのレーザー治療の簡単な流れと、術後の注意点やケア方法と合わせて一般的な料金も紹介します。

レーザー治療の流れ

イボのレーザー治療には炭酸ガスレーザーを使用した治療が用いられます。

炭酸ガスレーザーは皮膚の水分に反応する性質を持っています。
イボやホクロは特に水分が多く含まれているため、そこにレーザーを当てることでイボやホクロの水分に反応して熱エネルギーが発生します。

その熱が蒸散するときにイボの組織が切り取られるというメカニズムになっています。
他の治療と異なり、治療回数も少なく済み1~2度の治療で完治することが可能であるのも大きな特徴です。

イボの診察・テスト照射

まずはイボの状態や大きさ、数を確認し、診察をします。
レーザーのテスト照射を行って、体質的に問題がないかを確認します。
確認の期間はテスト照射の傷が治る3か月程度です。

テスト照射による傷がきれいに治ったら、費用の見積もりを出してもらいます。
そして実際に施術を行う日程を決め、予約を入れます。

局所麻酔・治療

施術当日はクリームタイプの局所麻酔を使用し、レーザー照射を行います。
拡大鏡で確認しながらひとつひとつ照射していきます。
1回の照射自体は一瞬で終わるため、複数個のイボでも短時間で施術が終わります。

施術後は薬を塗って経過を見る

照射後はしばらく冷やし、炎症予防の薬や軟膏を塗ります。
当日は麻酔が切れると少し痛みを感じることがあります。
痛み止めを処方してもらえることもありますが、服用するほどの痛みは感じないことがほとんどです。

術後は施術翌日と1~2週間程度経過した後に診察を受けて傷跡を確認します。
問題がなければ通院は終了で、あとは自宅でのケアをしていきます。

参考:品川スキンクリニック美容皮膚科

イボのレーザー治療後の注意点

レーザー治療の当日は照射部分を水にぬらさないようにします。
傷がぬれないようにできれば、入浴も可能です。

かさぶたができてもはがさない

術後1週間程度で新しい皮膚ができてきます。
この時、無理やりかさぶたをはがしたり、こすったりするのはNG。
傷跡を残さないようにするには、かさぶたが自然にはがれるのを待ちます。

かさぶたがはがれるまでは化粧はしないようにしましょう。

また、かさぶたが取れた後の新しい皮膚は赤くなっています。
これは通常起こることなので、自宅でケアをしながら経過を見守ります。
半年後ぐらいには周りの肌と同じ色になってきます。

治療後は乾燥させない

治療後はかさぶたができるのが一般的です。
しかし乾燥させずにかさぶたを作らないようにすると、傷跡が残らずきれいに治ります。

この乾かさない傷の治療法は湿潤療法といいます。
傷を乾かさないことで体の中から出る浸出液が傷をきれいに治します。

そのためには、施術部分に軟膏を塗ったり、専用のシートやテープを貼って過ごします。

また、肌を乾燥させるとウイルスに感染しやすくなります。
再発を防ぐためにも、皮膚が再生された後は肌の乾燥に気を付けましょう。

治療後は清潔に

施術当日は水にぬらさないようにしますが、その後は入浴の際に石鹸で洗います。
必ずしっかりと泡立てて、こすらないようにしてください。
清潔にすることは感染予防のためにも必要です。

紫外線予防が大切

施術後の皮膚はとても弱くて敏感です。
赤みがあるうちはバリア機能が低下しており、炎症を起こしやすくなっています。
色素沈着もしやすくなっていますので、必ず紫外線予防をしてください。

レーザー治療の料金

イボは大きさにより1個当たりの料金が異なります。
クリニックによって値段の幅があり、1mmあたりの値段は500円~10,000円までさまざま。

よく見かける価格帯は1mmあたり2,000円~5,000円です。
イボの大きさが大きくなると料金も高くなります。

また、イボの数が多ければ費用は値段×数となるので、必然的に高くなります。
このほかに、診察料や麻酔施術料、薬代もかかります。

治療費の総額を考えるとかなりの高額に感じるかもしれません。
詳しくは各クリニックに料金表が設置されているため、治療希望の方は事前に確認しておきましょう。

1回で終わるため場合によっては安くなるかも!?

レーザー治療の料金は一見高く感じますが、ほかの治療法と比べて飛びぬけて高額なわけではありません。
液体窒素による治療は保険診療でリーズナブルですが、何度も通う必要があります。
数が多い場合や大きいイボの場合は治療期間も長くなります。

そう考えると液体窒素治療も総額は結構費用がかかり、場合によってはレーザー治療より高額になることも考えられます。

治療の効果や治療のはやさ、金額など加味してどの治療にするか判断しましょう。

レーザー治療のメリット、デメリット

イボのレーザー治療のメリット・デメリットについてまとめると、次のようになります。

痛みや出血が少ない

レーザー治療のメリットとしては施術中の痛みや出血が少ないことがあげられます。
麻酔を使用して施術しますので痛みはなく、麻酔が切れた後も少しヒリヒリするといった日焼けの後のような痛みがある程度です。

また、レーザーを照射は血管を一瞬で固めるので出血はほとんどありません。
傷の治りも早く、照射した部分の周りの皮膚へ負担もあまりかかりません。

治療が短期間で終わる

レーザー治療では1~2回でイボを取り除くことができるため通院の手間がかかりません。
照射後に経過を見るために診察は必要ですが、何度も施術するということはありません。
そのため、照射後の傷が治れば治療は終了です。

イボの数や状態にもよりますが、治療期間は3ヶ月程度で長くても半年以内で終了します。

跡が残りにくい

レーザー治療ではイボだけに照射するので色素沈着が起こりにくく、あまり跡が残りません

治療費が保険適用外のため高額

レーザー治療のデメリットとして一番に挙げられるのは値段です。
保険が適用されないことが多いため、ほかの治療法に比べ費用がかかります
治療を受けるクリニックによって値段が違い、イボの状態よっては高額になります。

ケロイド体質の人には向いていない

過去にできた傷跡が盛り上がるケロイド体質の人にはレーザー治療は向いていません。
そのほか、妊娠中の人やイボがある部分に傷や炎症がある人もレーザー治療はできません。

さらに、イボの状態によって皮膚の奥まで削ることがあり、少し皮膚がへこんだようになることもあります。

ウイルス性のイボは治療できない

ウイルス性のイボは、ウイルスが存在している限り、表面のイボを取り切ってもまた再発する可能性があります。
さらに、治療箇所が別の部分に触れることによって感染を拡大あるいは再発性を高めてしまう可能性が高くなります。

また、大きなイボでは取り切れない場合もあるため、まずは液体窒素の治療を行い、イボの芯となっている部分のウイルスを消滅させ、その後レーザー治療で表面のイボを取りきるというのが良いでしょう。

老人性いぼ治療の場合は、液体窒素法よりもレーザー治療で取りやすいとされています。

担当する医師の技術によって傷が残ることがある

レーザー治療は保険治療外ということもあり、医師の技術がすべての病院において統一されていないことも特徴です。
そのため担当医師の技術によっては治療跡が残ってしまうことも考えられます。

とくに首いぼは治療部位の中でも皮膚が薄く、傷が残りやすいことがあります。

レーザー以外で治す方法

イボができることはよくあるため、まずは市販薬で治そうとする人も多いもの。
ここでは市販薬やそのほかの治療法についてご紹介します。

液体窒素

液体窒素によるイボの除去は昔から行われてきました。
マイナス196℃の液体窒素を含ませて凍らせた綿棒で凍傷を引き起こして焼き切る方法です。
人為的にやけどをさせている状態なので、強い痛みを感じる人もいます。

ウイルスは皮膚の奥まで根を張っていることもあり、治るまで何度も行います。
3ヶ月から1年程度の治療期間がかかることが一般的です。
保険が適用されるため、費用を抑えて治療ができることがメリット。

ただし傷跡が残り、色素沈着からシミになりやすくなってしまいます。
イボの数が多いほど、目立ちやすくなりますので、施術後の肌ケアが重要になります。

イボを液体窒素で治す…痛みや費用はどのくらい?気になる疑問点を調査!

内服薬

ヨクイニンというハトムギの種を乾燥させたものが入っている内服薬で治療する方法です。
ヨクイニンはタンパク質やミネラルを豊富に含んでいるため、免疫力を上げる作用があります。
体の免疫力を上げることで、ウイルスを除去していくことを目指す薬です。

イボの状態よって効果の出方が違うので、必ず専門医を受診し、処方してもらいましょう。
ヨクイニンは市販薬でも錠剤や粉末のものが販売されています。

ヨクイニンでウイルス性イボは取れる?効果や飲むときの注意点は?

ぬるタイプ・貼るタイプの外用薬

市販薬では「イボコロリ」や「スピール膏」が代表的です。
いずれもサリチル酸という成分が含まれています。
サリチル酸がイボを柔らかくし、新しい皮膚を再生させてイボをとるというものです。

しかし、サリチル酸はかなり強い成分です。
正常な肌に付くと肌荒れを起こしてしまうので、イボだけに塗ることが大切です。

しかし、老人性イボは市販薬では使用が禁止されている顔や首周りに多くみられます。
顔は特に一番気になる部分ですよね。

そこでオススメするイボケアアイテムはこちらです。

顔にも使用できるイボケアアイテム「クリアポロン」


>>詳細を確認する<<

  • 初回78%OFFの1,800円だからコスパ良くケアできる!
  • ハトムギ&あんずエキスのW効果でイボケア
  • 美肌成分、保湿成分もたっぷり配合で普段のスキンケアにも
  • 利用者満足度93.1%!口コミでも人気の商品♪
  • クリアポロンは無添加処方のため、顔にも使用できるうえに敏感肌の方にも安心して使える商品です。

    また、初回73%オフの1800円で試すことができます。
    さらに今ならイボの角質を柔らかくするピール石鹸つきです。
    コスパ良く効果的なイボケアをしたいなら絶対にクリアポロンがおすすめです!

    クリアポロンの詳細を確認する

    民間療法

    昔から使われてきたイボの塗り薬としてはいろいろあります。

    • ひまし油
    • 杏仁オイル
    • イチジクの実や葉の汁
    • ゆずの種を椿油につけたもの

    どれも効果には個人差がありますが、イボが取れやすい肌に導いてくれます。

    またそのほか、ハトムギ茶を飲むという方法もあるようです。
    ハトムギからはヨクイニンが抽出されることから、イボの治療に使われてきました。
    毎日飲むことでイボを小さくするようなので、継続することがポイントです。

    杏仁オイルで顔・首イボが除去できる!?口コミから効果を調査!

    イボの種類

    イボにはいろいろな種類があります。
    まずは皮膚にできたできものがどのようなイボなのかを見極める必要がありますね。
    イボは大きく分けてウイルス性のものと非ウイルス性のものがあります。

    ウイルス性のイボ

    ウイルス性のものはヒトパピローマウイルスというウイルスによる感染が原因です。
    ウイルス性のイボは200種以上も種類があり、イボが発生した部分により種類が異なります。
    ウイルス性のイボは治りにくく、感染の心配もあるので、病院での治療が必要です。

    特に下着でこすれる部分やワキなど、手を動かすことによる刺激がある部分のイボは要注意です。
    放置していると感染により数が増えていくこともあります。

    尋常性疣贅(ゆうぜい)

    主に足の裏や手の指、ひざなどにできる5~8ミリでドーム状に盛り上がったものです。
    表面は白っぽい色をしていて、さわると硬い感触があります。

    手や足にできることが多いのですが、皮膚のどの部分にも感染する可能性はあります。

    青年性扁平疣贅(ゆうぜい)

    このイボは20歳前後の若い人の顔や手、背中、腕などにできやすいイボです。
    30歳後半以降の人はほとんど感染しないと言われています。
    大きさは2~5ミリと米粒よりも小さめで少し盛り上がり、薄い茶色をしています。
    一見すると湿疹やシミのように見えます。

    尖圭コンジローマ

    これはウイルス感染により性器周辺にできるイボです。
    小さなイボが集まってカリフラワーのような形になります。
    性行為などで感染し、再発することが多いイボです。

    完治まで半年から1年の通院治療が必要です。

    水イボ(ウイルス性)

    子どもに良く見られるウイルス性のイボで、伝染性軟属腫ともいわれます。
    ひじ、ひざ、ワキ、胸などにできるイボです。

    さわった感じは柔らかく、大きさは1~3ミリ程度のものが複数できます。
    感染経路は接触感染が主で、ウイルスをもつ肌に触れたり、感染している人が使ったタオルなどから、ほかの人にも感染します。

    一般的には皮膚科を受診し、ピンセットでつまんで取り除きます。
    この時、かなり痛みがあるので、治療は苦痛をともないます。
    麻酔代はかかりますが、小さいお子さん向けにテープ式の麻酔をしてくれるところもあります。

    放置していて治ることもありますが、数が増えたり「とびひ」のようになることもあります。
    再発も感染もしやすいため、専門医の治療を受けた方がいいでしょう。

    ウイルス性イボはどうやってうつる?治療法や感染を防ぐ方法とは?

    非ウイルス性のイボ

    非ウイルス性のイボは紫外線や加齢が原因でできることが多いイボです。
    放置していても感染する心配はありませんが、自然に治ることはありません。

    老人性のイボ(非ウイルス性)

    加齢により手のひらや足の裏以外の全身に出ることがあるイボです。
    皮膚が老化する脂漏性角化症とも呼ばれています。
    ウイルス性ではないため、感染で増えたりすることはありません。

    はじめはは1~2ミリ程度の大きさで、薄い茶色から黒色まで色はさまざま。
    だんだんと大きくなることも珍しくなく、形もいろいろです。
    良性のものがほとんどですが、まれに悪性黒色腫というガンである可能性もあります。

    老人性イボの原因と治療法とは?皮膚科や市販薬で除去できる?

    イボを予防する日常的なケア

    イボを除去した後、きれいに治すには術後のケアが大事。
    日常、必ず行った方がいいケアについてお伝えします。

    ビタミンAをはじめ、バランスよく食事をとろう

    ビタミンAは体の抵抗力を保ち、感染症の予防に効果があります。
    もちろん、体の免疫力をアップさせるにはそのほかのビタミンも必要です。
    バランスのとれた食事はイボの再発も防ぎますので、食生活も整えていきましょう。

    運動

    皮膚は、肌の代謝が衰えることも原因の1つとなります。
    積極的に運動を行い身体の代謝を上げていくことで、肌の代謝のアップにもつながります。
    しかし、イボ治療をした当日は汗などによって治療した部分がしみたり痛みを感じることがあるため、治療当日の運動は控えましょう。

    睡眠

    運動と同じく、睡眠も皮膚の代謝を良くするための方法となります。
    規則正しく、十分な睡眠をとることで皮膚の代謝が良くなります。

    皮膚の代謝が良くなり、古い角質が停滞しにくくなることはイボの予防にも効果があります。
    忙しいという方も、十分な睡眠時間を確保するようにしましょう。

    レーザーでイボをすっきり!早めに治療を始めよう

    顔や首などの目立つ部分のイボは気になりますね。
    しかし、ウイルス性いぼの場合はなかなか治らず、感染も心配です。
    人にうつしてしまうこともあるので、自己判断はおすすめできません。

    レーザーによるイボの治療は、治療期間が短くて跡が残りにくいのがメリット。
    治療法はいろいろですが、なるべくイボが小さいうちに始めると費用も少なくてすみます。

    皮膚科に行かずに自宅でケア!イボケア商品ランキング

    商品 キャンペーン
    通常6,800円が今だけ1,800円!
    >>詳細はコチラ<<
    通常7,200円が今だけ1,980円!
    >>詳細はコチラ<<
    通常8,424円が今だけ7,582円!
    >>詳細はコチラ<<
    >>どうしてクリアポロンが1位?他商品との比較など詳細はコチラ!