HOME > イボ治療 > イボを液体窒素で治す…痛みや費用はどのくらい?気になる疑問点を調査!

皮膚科に行かずに自宅でケア!イボケア商品ランキング

商品 キャンペーン
通常6,800円が今だけ1,800円!
>>詳細はコチラ<<
通常9,800円が今だけ2,980円!
>>詳細はコチラ<<
通常8,424円が今だけ7,582円!
>>詳細はコチラ<<
>>どうしてクリアポロンが1位?他商品との比較など詳細はコチラ!

イボを液体窒素で治す…痛みや費用はどのくらい?気になる疑問点を調査!

顔や手足など人目の付きやすいところにいぼがあると、他人の目も気になってしまいますよね。

イボを取るには、皮膚科で行う液体窒素などと処方薬を組み合わせた治療法がオススメです。

そこで今回は、液体窒素でイボを治療するメリット・デメリット、液体窒素での施術の流れ、取れるイボの種類などをまとめてみました。

治療中に注意したい事や再発させないために気をつけたい事などもまとめたので、是非参考にして下さいね。

液体窒素でイボを取るメリット

液体窒素でイボを取るメリットをまとめてみました。
病院でできる他の治療法と比べると、安価で気軽に行える事が特徴的です。

健康保険が適用される

液体窒素治療の最大のポイントが保険適用される事。
安価でイボ取り出来るのは嬉しいポイントです。

液体窒素のイボ治療はいくらくらい?

液体窒素療法による治療方法を選択した場合には治療費には健康保険が適用となります。

10個未満:約750円
10個以上:約4,000円(事前に予約が必要なことが多い)
※健康保健3割負担の場合

10個以上になると治療費が高くなることから医師によっては、10個未満での液体窒素療法を複数回行うという治療法を取る場合もあります。
さらに、この値段にプラスして診察代がかかると考えておくと良いでしょう。

参考:あおよこ皮膚科クリニック

治療時間が短いので手軽

液体窒素でのイボ取りは、5分程で治療が可能です。
手軽なので、忙しい方にもぴったりですよね。

他の治療法に比べて効果が高い

イボ取り方は他にもありますが、内服薬や外用薬だけでイボを除去する方法と比べて効果が高いのが特徴です。

液体窒素でイボを取るデメリット

次に、液体窒素でイボを取るデメリットをまとめてみました。
是非参考にしてくださいね。

ヒリヒリした痛みを伴う

液体窒素の最大の難点がヒリヒリした痛みを伴う事。
痛み止めが処方されますが、痛みに弱い方は注意が必要です。

色素沈着を起こす恐れもある

いぼの凹凸はなくなりますが、色素沈着を起こす場合があります。

再発するケースもある

ウイルス性のイボの場合は、除去してもまた再発する場合があります。
いぼの状態によって異なるので、根気よく続ける事が大切です。

小さいイボは取りきれないことがある

治療範囲が狭い小さいイボの場合、液体窒素ではイボを凍結させることが難しかったり、イボに栄養を送っている血管をしっかりと凍結させることが難しく、とりきれないことがあります。

さらにイボのまわりの健康な皮膚まで冷凍凝固させてしまい痛みを伴ったり、色素沈着など跡が残る、治療期間が長くなるなどの可能性もあります。

その場合は別の治療方法や対処法を検討するのも良いかもしれません。
皮膚科医からレーザー療法や電気焼灼法を勧められることもあります。

参考:大木皮膚科

液体窒素でどうやってイボの治療をする?

イボの治療に使う液体窒素は、-196℃という冷却された窒素の液体。
液体窒素により急激に患部を冷やし、低温やけどをおこすことでイボの組織を壊死させながら、その下にある正常な皮膚細胞に刺激を与えます。

やがて新しい皮膚が再生され、イボの原因であるウイルスが外に出てくるという仕組みです。

具体的にどんな施術をするの?

では、どんな液体窒素の治療でイボがなくなるのでしょうか?
液体窒素を使った施術の流れを具体的に見ていきましょう。

患部に液体窒素を押し付ける

綿棒などに液体窒素を含ませてから、イボの部分に何度か押し当てるようにします。
最初は、軽いやけどのようなじんじんした感じから、回数を重ねるごとにキーンと凍りつくような痛みがある方もいらっしゃいます。

やけどさせて組織を壊死させる

患部を急激に低温やけどさせる事でイボの組織を壊死させながら、その下の皮膚細胞に刺激を与えます。

治療時間は5分程度、治療後も普段通りでOK

液体窒素の治療は5分程度で終わります。
イボに液体窒素を含ませた綿棒を当てる、離すを数回繰り返すだけとなるため、いぼの個数が少ない、大きすぎないならもっと早く終わります。

液体窒素による冷凍凝固の治療後は、薬剤がついているわけではないためお風呂やプールに入っても大丈夫です。
治療部分はお風呂の際に石鹸をしっかり泡立てて、ふわふわの泡でなでるように洗ってあげると良いでしょう。

参考:皮膚科ちえこクリニック

イボ取りした後の経過はどんな感じ?

イボ取りをした後、患部の様子はどうなるのでしょうか?
多少の個人差はあると思いますが、イボを取った後の経過過程をまとめてみました。

施術1~2日後

処置を行ってすぐは、水ぶくれの状態になっています。
ピリピリとした痛みを感じる事もあります。

施術5~7日後

水ぶくれがカサブタになりはじめたり、血豆や新たな水ぶくれができる事も。

施術10日後

新しい皮膚を再生しようとする力により、水ぶくれは乾きカサブタとなります。
カサブタは、イボとともに自然と剥がれ落ちます。
この時、傷はまだ残っていますが、皮膚が完全に再生された後イボが出てこなければ、治療は終了です。

いぼがまだ残っているようなら、再度液体窒素での治療を繰り返します。

治療中に気をつけてほしいこと

イボを取った後の患部は、皮膚がまだ未完成の状態となっているので、とても敏感な状態です。
治療中に気をつけてほしい事をまとめてみました。

紫外線に気をつける

紫外線は、皮膚にとって大きな刺激となります。
まだ皮膚が完成しきっていないピンク色の皮膚に紫外線が当たると、色素沈着になる事も。
紫外線にさらさないように気をつけましょう。

カサブタなどが気になっても触ったりしない

水ぶくれやカサブタは、自然治癒している証拠です。
気になるからといって触ったりいじったりすると、イボが大きくなったり、悪化する可能性もあるのです。

自然に取れるまで、処方された薬を塗り、ガーゼや絆創膏などで保護しましょう。

血豆や水ぶくれは潰しちゃダメ!

血豆や水ぶくれは、絶対潰さないようにして下さい。
まだウイルスが中に残っている場合は、潰した事で新たないぼが出来る可能性があるだけでなく、他人にいぼを移してしまう事も。

もし血豆や水ぶくれが出来てしまった時は、以下のように対処しましょう。

自然治癒がベスト!

血豆や水ぶくれが出来たら、そのまま自然に治るまで何もしないのが最も最適です。
その方が傷跡も残りにくく、キレイに治りやすいでしょう。

いぼに刺激を与えたりばい菌が入ってしまうと悪化する恐れもありますし、さらに患部が治りにくくなってしまいます。

先ほども触れたように、他人に移したり新たなイボを作る可能性もあります。
あまりに腫れて痛いようなら、皮膚科に相談して水を抜いてもらう方法もあります。

足裏の血豆には絆創膏を

足裏に血豆が出来てしまったら、清潔な厚めのガーゼや絆創膏などで患部を保護しましょう。

万が一血豆が潰れてしまったらキズパワーパッドがオススメ!

ふとした時に血豆が潰れてしまったら、キズパワーパッドを貼りましょう。
血豆が潰れた後は、体液が出ます。
この体液は、キズを早く治そうとするからだの治癒反応。
キズパワーパッドは、カサブタの役割をするので、綺麗に治す事が可能です。

液体窒素でイボを取る時のよくある質問

液体窒素での治療法でよくある質問をまとめてみました。
是非、参考にしてみて下さいね。

痛みはないの?

個人差はありますが、軽いやけどのようなじんじんした感じから、激しい痛みがある方もいらっしゃいます。
我慢できない程ではありませんが、特に痛みに弱い方は注意が必要です。

痛みを強く感じる部位は?

痛みを強く感じる部位は、治療の前に皮膚の角層を削る手・指先です。

手や指先は角層が厚く、そのまま液体窒素をあてるとイボの表面は治療できても皮膚内部まで治療ができないことがあるため、事前に削っておきます。

また、子どもでは削る行為や治療過程が見えることで恐怖心も重なり痛みが強く感じることもあります。
逆に顔や首まわり、身体の中心部や頭皮では、何のケアもせずにすぐに治療ができ視界にも入りにくいため、痛みを比較的感じにくいとしています。
参考:大木皮膚科

液体窒素の治療跡は残らない?

イボの凹凸は綺麗になりますが、個人差により、色素沈着を起こす事もあるようです。

どのくらいの間隔で通うの?

イボの状態にもよりますが、軽度のイボであれば数回通うだけで完治します。
重度のいぼの場合は、数ヶ月通院する必要があります。
液体窒素の効果は1週間程度と言われているので、1週間に1度というペースで通う方が多いようです。

液体窒素は顔のイボにも使える?

液体窒素は、顔に出来たいぼにも使えます。
顔は特に人目に付くところなので、いじったりせずに早めに皮膚科に行く事をおすすめします。

イボの種類

イボはウイルス性、非ウイルス性に種類が分類されます。
ウイルス性いぼはウイルス感染によるもので現在150種類以上の原因ウイルスが見つかっています。

非ウイルス性は加齢や摩擦、紫外線など様々な原因で起こります。
ここでは、いぼの種類についてご紹介します。

ウイルス性のイボ

ウイルス性のイボは、ヒトパーマウイルス(HPV)が皮膚や粘膜を感染経路として感染する事が原因で発生します。
手や足の傷口から進入するケースが多く、表皮の一番奥にある基底細胞に感染するといぼを作り出します。

免疫力や肌のバリア機能が下がっていたり、子供によく見られます。
代表的なものの特徴をまとめてみました。

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)


引用:星の原クリニック

手の平や足の裏に多くみられるイボでウイルス性のイボの95%を占めます
表面がザラザラしており、痛みやかゆみはありません。

魚の目やタコの間違えられることもありますが、イボの表面に黒い点々が見える事が特徴です。
また、放置しておくと治らないばかりかどんどん増えていきます。

扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)


引用:渋谷スキンクリニック

平らな形をしている顔に出来る事の多いいぼ。
女性の青年期に多く、表面は滑らかで平らな形状になっています。
こちらも、放置する事で治りにくかったり、どんどん増えていくイボです。

足底疣贅(そくていゆうぜい)


引用:公益社団法人日本皮膚科学会

足の裏に出来るいぼ。
足の裏に出来た傷口からウイルスが入る事が原因で、グレーや茶色などの色をしており、表面はボコボコしています。

体重が常にかかる部位なので、立ったり座ったりすると痛みます。
また、皮膚が厚い部分でもあるため治りが遅い事も。

尖圭(せんけい)コンジローマ

外陰部や肛門などの性器に出来る鶏のトサカのようなイボで白やピンク、褐色など様々です。
20代に多く、コンドームなしの性交渉が原因。

痛みやかゆみもなく、感染力も強いのが特徴です。
初期であれば、液体窒素での治療が効果的ですが、大きいものになると電気メスやレーザーを使う事もあります。

ウイルス性ではないイボ

ウイルス性ではないイボは、摩擦や紫外線などが原因で発生します。

ウイルス性ではないイボのなかでも老人性イボ(脂漏性角化症)、スキンタッグなどは、通販などで販売されているイボケア商品でケアすることができるので、液体窒素での治療とあわせて検討してみてください。

それぞれの特徴をご紹介します。

老人性イボ(脂漏性角化症)


引用:あき皮ふ科

老人性イボは年齢を重ねたことでできるイボのことで、顔面や首に多く見られます。
ほとんどが良性で、色は肌と同じ色から黒まで様々です。
年をとってから首にポツポツができ始めたら老人性イボを疑いましょう。

≫≫老人性イボについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

スキンタッグ


引用:美容医療の口コミ広場

老人性イボと似たようなもので、古い角質などが皮膚表面にたまったものです。
首にできることが多く、年齢を重ねるとできやすくなるようです。
かなり小さく、大きさはおおよそ1ミリ~3ミリほどです。

液体窒素or自宅治療?イボのケア方法まとめ

これまで見てきたようにイボは、ウイルス性のイボとそれ以外のイボの2種類に分けられます。

表で簡単にまとめたので、自分のイボの種類を確認しましょう。

治療方法 液体窒素が可能 自宅ケアもできる
イボの種類 ・ウイルス性疣贅
・扁平疣贅
・足底疣贅
・尖圭コンジローマ
・老人性イボ(脂漏性角化症)
・スキンタッグ

このように、老人性イボとスキンタッグは自宅での治療が可能です。

液体窒素で無理矢理取るよりも、自宅で治療した方が治り方も自然で跡も残りにくいこともあります。

そのため、液体窒素でイボを取るよりも、まずは自宅での対処法を試してみるのがおすすめです。

自宅でケアには専用アイテムがおすすめ!

自宅でのイボケアは専用のアイテムを使う事をおすすめします。

イボケアというと市販の『イボコロリ』などが有名ですが、首や顔には使う事ができません

そのため、首や顔にも使えるイボケア専用商品を使うことがおすすめです。

自宅でのイボケア人気no1のクリアポロンがおすすめ!


  • 首や顔の老人性イボ・スキンタッグに効果的!
  • イボの原因に直接効く!ハトムギ&あんずエキスを配合!
  • 今なら初回購入1,800円!お得に購入できる!

液体窒素の治療が必要がないイボケアにおすすめの商品が『クリアポロン』です。

クリアポロンは自然由来の成分でできているので顔や首周りなどデリケートな部位のイボもケアできます。

今なら初回1,800円の半年間返金保証付き!

今なら初回購入価格が1800円です!

また、半年間の返金保証が付くので効果を実感できなくても安心!

そのため「とりあえずイボケアを自宅で試してみたい…!」という方にクリアポロンはおすすめの商品です!

価格や返金保障の詳しい内容は公式サイトを確認してみてくださいね!

>>クリアポロンの詳細を確認する

>>他のイボケア商品も確認したい方はコチラ!

痛いのが苦手な人向け!その他のイボ取り法

痛みに弱い方や肌が弱い方などは、液体窒素でのイボ取りが心配な方も多いと思います。

そこで液体窒素以外のイボ取り方法を調べてみました。
液体窒素に比べると、即効性がなかったり保険適用されないものもありますが、自分に合ったイボ取り方法を見つけてみて下さいね。

ヨクイニン服用

ヨクイニンという漢方薬は、体の免疫を高める事でいぼを取る作用があると言われています。

2ヶ月~半年程飲み続ける必要がありますが、副作用もないため子供でも服用する事が出来ます。

≫≫ヨクイニンでのイボ治療が気になる方はこちらの記事を参考にしてみてください。

スピール膏

スピール膏は、サリチル酸というイボを軟化させる薬液が付いた貼り薬です。
液体窒素治療に比べて痛みはありませんが、ウイルスを完治させる作用は弱いです。

液体窒素の治療と組み合わせて処方される場合もあります。

レーザー治療

レーザー治療は、皮膚科で受けられる液体窒素と同じくらい代表的な方法です。
局所麻酔をしてから治療するため、痛みがないのが大きな特徴。

液体窒素のように即効性がありますが、こちらは保険適用されないのが難点で、イボの大きさによって金額も異なります。

≫≫レーザー治療の詳細は、こちらの記事をご覧ください。

ウイルス性イボの再発を防止!おすすめ予防方法

ウイルス性のイボは、再発しやすいので普段から予防する事で再発を防止する事が出来ます。
具体的にまとめてみました。

タオルなどを他人と共有しない

タオルなどを他人と共有しないように気をつけましょう。
見た目には分からなくてもウイルスがまだ残っているケースがあります。

疲れを溜めない

疲れが溜まると免疫力が低下します。
免疫力が下がると、ウイルスに感染しやすくなるのです。

尖圭コンジローマの場合はコンドームを使用する

尖圭コンジローマは、性交渉によって感染するので、コンドームの使用が必要不可欠です。

イボを作らないためにしたい事

普段からできるイボを作りにくくする生活習慣をご紹介しましょう。
日頃から意識する事で、イボが出来にくいお肌になるだけではなく美肌効果も期待出来ますよ。

保湿をする

健康な肌は、水分量と油分量のバランスを保つ事で、肌のバリア機能が正しく働いています。
イボを作りにくくするには、潤いのある肌が重要です。
普段から保湿をして、肌のバリア機能を高める事が大切なのです。

栄養バランスの良い食事

不規則な食生活は、肌荒れの原因です。
栄養バランスを意識した食生活を心がけましょう。

質の高い睡眠

睡眠中は、お肌が1日に受けたダメージを修復する時間。
睡眠時間が少ないと、完全にダメージが修復されずにどんどん蓄積される事になります。
1日に7~8時間は寝るようにしましょう。

運動

運動をして汗をかくと代謝が上がります。
代謝が上がると肌のターンオーバーが正常化されるのはもちろん、免疫力も上がります。

気になるイボを取ってすべすべのお肌に!

今回は、液体窒素で取れるイボの種類や施術の流れ、メリット・デメリットなどをまとめてみました。
イボ治療は、根気よく続ける事が大切です。

気になるイボを根元から除去して、すべすべのお肌を目指しましょう。

そして、自宅で治療できるイボはまず専用のアイテムでケアしてみてくださいね!

自宅ケアにおすすめ!
クリアポロンの公式サイト

皮膚科に行かずに自宅でケア!イボケア商品ランキング

商品 キャンペーン
通常6,800円が今だけ1,800円!
>>詳細はコチラ<<
通常9,800円が今だけ2,980円!
>>詳細はコチラ<<
通常8,424円が今だけ7,582円!
>>詳細はコチラ<<
>>どうしてクリアポロンが1位?他商品との比較など詳細はコチラ!