HOME > イボの治し方 > イボの飲み薬はヨクイニン配合のものがオススメ!市販の薬や副作用について解説

皮膚科に行かずに自宅でケア!イボケア商品ランキング

商品 キャンペーン
通常6,800円が今だけ1,800円!
>>詳細はコチラ<<
通常7,200円が今だけ1,980円!
>>詳細はコチラ<<
通常8,424円が今だけ7,582円!
>>詳細はコチラ<<
>>どうしてクリアポロンが1位?他商品との比較など詳細はコチラ!

イボの飲み薬はヨクイニン配合のものがオススメ!市販の薬や副作用について解説

顔や首回り、腕、お腹、足など、イボはあらゆる場所にできます。
特に顔や首いぼは目立つので、悩みを早く解消したいですよね。

イボは液体窒素やレーザー治療などをする方法もありますが、外科的な治療は肌ダメージや治療費用が気になるという方もいるのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、身体の内側からイボに作用する飲み薬です。
今回は、イボに効く成分やおすすめの飲み薬、イボへの対策などを紹介していきます。
イボが気になるという方は参考にしてみて下さい。

イボの飲み薬の有効成分「ヨクイニン」とは

イボへの効き目が期待できる成分のうち、最も一般的なのがヨクイニンです。
ヨクイニンは日本でも栽培されているイネ科の穀物、ハトムギ由来の成分です。
このハトムギは外側から殻、薄皮、渋皮、種子という構造になっています。

渋皮まで剥いた種子のことを生薬名ヨクイニンと言います。
ヨクイニンには新陳代謝を促す作用があり、イボや肌荒れといった症状に良く用いられています。
植物由来の生薬のために高い安全性を持っています。

ヨクイニンでウイルス性イボは取れる?効果や飲むときの注意点は?

おすすめの飲み薬をご紹介

市販でもヨクイニンを配合した飲み薬が販売されており、手軽に摂取することが可能です。
いくつかの飲み薬があるため、これからおすすめの商品を紹介していきます。

ビタトレール ヨクイニン錠

【第3類医薬品】ビタトレールヨクイニン錠 540錠

ビタトレール ヨクイニン錠は1日当たりヨクイニン4200mgの摂取ができる飲み薬です。
成人の場合は1日18錠と飲む錠剤の数が多めですが、540錠入りのために30日使えます。

ビタトレール ヨクイニン錠の口コミ

以前手術で今回と別の位置に出来た手のイボを取りましたが、術後がかなり面倒だったので、今回はヨクイニンでなんとか大人しくなってもらえないかと試しました。1日18錠服用したら胃をやられ口角炎にまでなったので、1日6錠から慣らして最終的に1日6錠服用してました。
忘れたりして1日6錠の時もありましたが、それでも効きました。なくなりはしませんが小さくなって大人しくなりました。色々見たなかで一番添加物が少なく、値段も手頃でした。しかし、円筒を輪切りにしてそのままのような形状のため、角があり飲みづらいです。そのため1瓶でやめましたが、またヨクイニンのお世話になる時はこちらにしようと思います。
引用:@cosme

目の下のぶつぶつが気になって仕方なくなってきたので購入しました。飲み始めて約2週間。ぶつぶつへの効果はまだないようですが、肌自体のコンディションがすごくいいです。つるつるというよりもふわふわ。手触りがすごくいいんです。新陳代謝がよくなってるんでしょうね。たぶん飲み続けたら目の下のぶつぶつもなくなるかもしれません。ただ、1日に飲む量が多いのが難点。1日3回、6錠ずつ。しかも空腹時になので、飲み忘れること多々ありです。なので、だいたい私は1日2回しか飲んでません。。。。でも、1日1回飲んだだけでも、結構効くと思います。
引用:@cosme

ヨクイニンS「コタロー」

【第3類医薬品】ヨクイニンS「コタロー」 720錠

ヨクイニンS「コタロー」は1日当たりヨクイニン2000mgの摂取ができる飲み薬です。
成人1日15錠と此方も多く飲みますが、720錠入りのために48日分となります。

ヨクイニンS 「コタロー」の口コミ

長年謎のザラザラブツブツはイボかもと教えて頂き皮膚科へ行って相談して頂きました。二週間分頂きまして服用したところ私のは扁平疣贅だったのですが黒く萎縮してカラカラになってかさぶたの様に取れました。この増えてくザラザラやくすんで行く肌に、スキンケアなんて無駄と諦めていましたが皮膚科行って良かったです!今は頑張ってスキンケアして楽しいです。
引用:@cosme

皮膚科で処方され、飲み始めました。結婚式前だったので、首に少しできたほくろ?みたいのをなんとかしたいと言ってみたところ、それが小さなイボだということが判明。これを進められました。もちろん飲んだからといってすぐに治るわけではないのですが、首の皮膚が少しキレイに&顔のお肌の調子もよいみたいです。どうやら、美肌効果もあるみたいですね。いろいろとヨクイニンと打って調べてみましたが、副作用としてお腹が緩くなる傾向があるようです。私の場合は特に気になりませんでした。長い目でみて、日々行っていくサプリなので、続けていきたいと思います。皮膚科で処方されれば、リーズナブルですし☆
引用:@cosme

新日本製薬の生薬 オルジェパール

ヨクイニンエキス錠SHを改良されたの飲み薬で、販売名がオルジェパールといいます。
ヨクイニン錠SHと同じヨクイニンエキス660mgと漢方の生薬の成分を丸ごととれるヨクイニン末300mgを配合しています。

オルジェパールの口コミ

足にいぼができたため、飲み続けていました。いぼが治ればいいな。ぐらいにおもっていたのですが1週間もすると肌がすべすべになってきていました。今まで、色々なサプリや化粧品をためしてみましたが、これを飲んでおけば、肌荒れに悩まないですみそうです。
@cosme

CMが気になり、試しに購入してみました。30代後半から体のあちこち(首や腕)に肌色の小さなポツポツができたり、1cmくらいの赤黒いイボのようなものができたり(脚やおしり)、肌荒れが気になったりと悩みが増えてきました。今のところ約4か月経ちましたが、肌色の小さなポツポツはほとんどなくなりました。赤黒いイボは少し小さくなって色が薄くなったように思います。顔の肌荒れも改善しています。これからも飲み続けてイボをなくしたいです。
引用:@cosme

ヨクイニンエキス顆粒クラシエ

【第3類医薬品】ヨクイニンエキス顆粒クラシエ 24包

クラシエ薬品のヨクイニンエキス顆粒クラシエは顆粒タイプとなっています。
大きい錠剤タイプでは喉に引っ掛かるという方でも飲みやすいです。
1日分で1,500mgのヨクイニンエキスを摂取出来ます。

クラシエからは、他にもタブレットタイプのクラシエヨクイニンタブレット、漢方の軟膏のクラシエ紫雲膏が販売されています。

イボコロリ 内服錠 180錠

【第3類医薬品】イボコロリ内服錠 180錠

イボコロリ 内服錠は1日当たりヨクイニンエキス1998.0mgの摂取ができる飲み薬です。
成人1日18錠、180錠入りのために18日分となります。
どの飲み薬も定められた用量用法を守ることが大切です。

イボの飲み薬の副作用はある?

ヨクイニンは誰でも飲める成分ではありません。
人によっては飲めないことがあるために注意が必要です。
特に注意したいのが治療を受けている方、妊娠中の女性の方、イネ科アレルギーを持っている方です。

ヨクイニンには肌や消化器官への副作用があります。
肌に出る副作用には発疹や蕁麻疹など、消化器官に出る副作用には胃部不快感や下痢などがあります。
副作用が出ても軽いことが多いものの、下痢が酷い場合はヨクイニンが体質的に合わない可能性があるため、すぐに使用を中止して下さい。

イボができる原因

イボを治すには原因を知っておくことも大切です。
イボには大きく分けて2種類あり、発症する原因も異なります。

老人性イボ

老人性イボはおもに肌の老化が原因で発生します。

加齢により肌のターンオーバーが次第に遅くなっていきます。
自然に排出されるはずだった角質が溜まり、イボへと成長していきます。

若いうちから紫外線を浴びてきたという方は肌へのダメージが蓄積されているため、イボができやすくなっています。
紫外線によるシミからイボへと症状が進行するというケースも見られます。
その他にも肌の乾燥や刺激もイボの原因となります。

老人性イボの原因と治療法とは?皮膚科や市販薬で除去できる?

ウイルス性イボ

ウイルス性イボはヒトパピローマウイルスが原因となります。
ヒトパピローマウイルスは自然界に存在しており、上皮型や粘膜型とあります。
肌荒れや目に見えない小さい傷口から感染し、手足に多く発生します。

ウイルス性イボはどうやってうつる?治療法や感染を防ぐ方法とは?

飲み薬はどちらのイボにも作用する

老人性イボとウイルス性イボの治療に使う塗り薬は違う成分の薬を使うことが一般的ですが、内服薬の場合には老人性、ウイルス性を問わずイボの治療効果が認められています。

イボ全般に効果を発揮する内服薬には、ヨクイニンの成分が配合されたものがほとんどです。
毎日服用することでイボの改善に効果が期待できます。

ただし即効性はないので、すぐにイボを取りたい人には向いていません。

イボを予防するには?

事前にイボ対処法を知っておくとある程度予防ができます。
イボのできやすい体質は遺伝すると言われています。
そのため両親のどちらか、または両方にイボが見られるという方は数が増える前にイボ対策を行った方が良いです。

紫外線対策

紫外線対策はイボの予防に有効です。
日焼け止めが一つあると顔や首回り、腕など紫外線が当たりやすい部位に使えるために便利です。

SPF30という表記があった場合、日焼けを30倍先延ばしにすることが可能です。
15分で日焼けが始まるという方の場合、450分の日焼け止め効果が期待できます。

紫外線の強い海や山へレジャーに行くという時はSPF50、PA++++の日焼け止めが望ましいです。

日焼け止めにはスプレータイプ、クリームタイプなど様々なタイプがあります。
このうちスプレータイプは手を汚さずに使用でき、クリームタイプは保湿力が高いため乾燥肌の方にもピッタリです。

生活習慣

偏った食生活、睡眠不足、運動不足など生活習慣の乱れはイボに繋がりやすいです。
栄養バランスの取れた食事、十分な睡眠時間、適度な運動を心がけて下さい。

生活習慣が整うと免疫力の向上に繋がり、ウイルス性イボの予防も期待できます。
ストレスも溜まりすぎると肌荒れしやすくなるので、自分なりのストレス解消方法を見つけておきましょう。

スキンケア

肌の乾燥や刺激を抑えるためにスキンケアも行います。
化粧水で肌に水分を補給し、美容液で美容成分を肌に浸透させます。
その後はクリームを使用し、水分が蒸発しないように保護します。

さらに、イボのケア成分を含んだ化粧品も販売されています。

イボケアにオススメの化粧品

イボのケアと美容成分によるスキンケアが同時にできるジェル・クリームも多く販売されています。
病院での手術とは違い肌を傷つけることはないので、飲み薬と合わせて使ってみてはいかがでしょうか。

クリアポロン



【公式サイト】

クリアポロンはスキンケアしながらイボを改善していくジェルで、利用者満足度も93.1%と高いジェルです。
ハトムギから抽出した脂溶性と水溶性のWヨクイニン、肌をなめらかにするあんずエキス、乾燥対策にダーマヴェールなど効果の期待できる成分を配合しています。
クリアポロンは、出来てしまったイボを改善しながら、新しいイボを出来にくくしてくれるのです。

イボに効果が期待できる成分を配合しているクリアポロンは、成分のうち美容成分が95.8%と高濃度配合のオールインワンジェルです。
初回は73%OFFの1,800円で購入できますので、イボが気になる時に手軽に始めやすいですね。

>>クリアポロンの公式サイト

≫≫イボケア商品の価格や効果を徹底比較!

杏仁オイル

杏仁オイルは、杏子の種子の中心にある杏仁という部分から抽出したオイルで、別名アプリコットオイルとも呼ばれています。
この杏仁オイルに含まれている脂肪酸のうちの一つ、バルミトレイン酸には肌の老化を防ぐ作用があると言われています。
そのためアンチエイジングも期待できるのが良い点です。

≫≫杏仁オイルについて詳しく知りたい方はコチラ!

木酢液

ウイルス性イボに期待されているのが木酢液で、炭を焼いた時に発生する煙を集め、冷やして作っています。
不純物を取り除いたものは蒸留木酢液と呼ばれています。

木酢液には殺菌作用、かゆみを抑える作用、炎症を抑える作用があります。
民間療法ではイボの他、水虫やアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患にも木酢液を用いています。

≫≫木酢液について詳しく知りたい方はコチラ!

あなたのイボを理解して、簡単に自宅ケアを!

イボのことを理解すると、意外と簡単に対策ができるものです。
自宅ケアを行い予防ができれば、病院に行かなくても済むようになります。
イボが治ったからと油断すると再発しやすいため、治った後も続けることが重要です。

皮膚科に行かずに自宅でケア!イボケア商品ランキング

商品 キャンペーン
通常6,800円が今だけ1,800円!
>>詳細はコチラ<<
通常7,200円が今だけ1,980円!
>>詳細はコチラ<<
通常8,424円が今だけ7,582円!
>>詳細はコチラ<<
>>どうしてクリアポロンが1位?他商品との比較など詳細はコチラ!