HOME > イボの治し方 > 漢方でイボができにくい体質に!効果的なヨクイニン配合の薬を紹介

皮膚科に行かずに自宅でケア!イボケア商品ランキング

商品 キャンペーン
通常6,800円が今だけ1,800円!
>>詳細はコチラ<<
通常7,200円が今だけ1,980円!
>>詳細はコチラ<<
通常8,424円が今だけ7,582円!
>>詳細はコチラ<<
>>どうしてクリアポロンが1位?他商品との比較など詳細はコチラ!

漢方でイボができにくい体質に!効果的なヨクイニン配合の薬を紹介

イボは皮膚科で液体窒素やレーザー手術で除去する方法もありますが、傷跡や色素沈着が残る可能性もありますし、体への負担が大きくなってしまいます。

費用面も気になりますので、その点を考えるとなかなか手術に踏み出せないという人も多いのではないでしょうか。

そこでオススメなのが、漢方で体の中からイボが出来にくい身体へ導くこと。
漢方と外側からのケアを併用すると、より強い効果が期待できます。

漢方でイボ治療を考える場合、まずは漢方に関する知識を得ることがとても重要です。
イボに効くとされる漢方の紹介、漢方のメリット・デメリット、市販薬との違いなどについて解説しますので、参考にしてください。

イボ治療で処方される主な漢方薬

漢方の成分にはイボが出来にくい肌環境に導き、再発を予防するものがあります。

漢方の中でもイボに効き目のある成分を3つご紹介いたします。

麻杏薏甘湯(マキョウヨクカントウ)

主成分 麻黄(マオウ)、杏仁(キョウニン)、薏苡仁(ヨクイニン)、甘草(カンゾウ)

麻杏薏甘湯(マキョウヨクカントウ)はイボ治療に多く用いられる漢方薬です。

使用することで体の中からイボのできにくい体質へと改善してくれます。
体力が平均的な人におすすめの漢方薬です。

桂枝茯苓丸加薏苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン)

主成分 薏苡仁(ヨクイニン)、桂皮(ケイヒ)、薬(シャクヤク)、桃仁(トウニン)、茯苓(ブクリョウ)、牡丹皮(ボタンピ)

桂枝茯苓丸加薏苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン)はイボ治療ではおなじみの漢方薬です。
イボに効果がある薏苡仁(ヨクイニン)が使用されているので、肌の異常を改善しイボを緩和してくれます。

排膿散及湯(ハイノウサンキュウトウ)

主成分 桔梗(キキョウ)、甘草(カンゾウ)、大棗(タイソウ)、薬(シャクヤク)、生姜(ショウキョウ)枳実(キジツ)

排膿散及湯(ハイノウサンキュウトウ)は肌の腫れや荒れといった皮膚疾患に効果がある漢方薬です。

肌疾患に効果が高いのでイボにも作用し、イボを徐々に緩和してくれます。

漢方と他の漢方薬の併用には要注意

イボを漢方で治療する場合、他の漢方薬との併用には注意が必要です。

漢方薬の場合同じ生薬を使用していることも多いですし、組み合わさると効き目が強くなりすぎるものもあります。
そのためイボ治療で漢方を使用するのであれば、それ以外の漢方薬を併用しないように注意しましょう。

市販のイボ漢方薬3選

市販の漢方薬はドラッグストアやネットショップなどで簡単に手に入るので、効果を試してみたい、気軽に始めたいという人にピッタリです。
生薬がはいっている商品を3つ紹介します。

クラシエ ヨクイニンタブレット

【第3類医薬品】クラシエヨクイニンタブレット 504錠

主成分 薏苡仁(ヨクイニン):19.500mg(ヨクイニンエキス:1,500mg)
【第3類医薬品】
料金 126錠入り:1,200円(税抜)/504錠入り:3,700円(税抜)
ネットショップでは504錠が2,200円程度になっていることも!
用法 15歳以上:1日に3回、食前または食中に6錠ずつ服用
15歳未満7歳以上:1日に3回、食前または食中に3錠ずつ服用
3歳以下の方は服用できません。

クラシエ ヨクイニンタブレットは、イボのケアができるタブレット状の内服薬です。
有効成分はヨクイニンというハトムギから抽出された成分で、古くからイボの治療には有効だとされている漢方の生薬です。

ホノミ漢方 コイクラセリド錠

【第2類医薬品】コイクラセリド錠 180錠

主成分 薏苡仁(ヨクイニン)、甘草(カンゾウ)
【第2類医薬品】
料金 180錠入り:4,000円(税抜)
用法 15歳以上:1回2錠、食後に1日3回ずつ服用
15歳未満の方は服用ができません。
妊娠中や高齢者の場合は、医師や薬剤師へ相談してください。

ホノミ漢方「コイクラセリド錠」はイボや肌荒れ改善のために作られた生薬製剤です。
イボや肌荒れを改善するヨクイニンと、肌の回復を助けるカンゾウが含まれています。

ホノミ漢方は、剤盛堂薬品株式会社が販売している漢方です。
東洋医学の考えをベースに西洋医学の考えも取り入れており、人間が本来もつ自然治癒力を助けてくれます。

クラシエ紫雲膏

【第2類医薬品】クラシエ紫雲膏 14g

主成分 紫根(シコン)、当帰(トウキ)、ごま油、蜜蝋(ミツロウ)、豚脂(トンシ)
【第2類医薬品】
料金 14g:850円(税抜)/30g:1,750円(税抜)
用法 患部を清潔にし、1日に数回患部に塗る
またはガーゼや脱脂綿に塗布してテーピングする

クラシエ紫雲膏は飲み薬ではなく、漢方の軟膏(塗り薬)です。
添加物が一切使われていない低刺激性の軟膏なので、敏感肌でも安心して使えます。

紫根に含まれているシコニンは、抗菌、火傷、湿疹などに効果があります。
そのため、イボや古い角質が蓄積された肌を柔軟にすることができるのです。

抗菌性に優れているので、ウイルス性のイボにも効果を発揮します。
毎日、根気よく塗ることでイボが柔らかくなり取れやすくなります。

紫色をした軟膏なので、衣服に付着しないように気を付けましょう。

イボを漢方で治療するメリット・デメリット

漢方薬を使用したイボの治療方法にはメリット・デメリットがあります。

漢方は古来から受け継がれてきた薬ですので、そのメリットも安全性に関するものとなっています。

天然の成分を使用するから安全

医薬品の場合、科学的に合成した医薬成分を使用することが多いため、安全性の面で不安が残ります。

しかし漢方の場合、基本的に自然界に存在している天然の素材を組み合わせているので、安全性が非常に高いです。
やはり体に取り込むものなので、安全に使用できることはとても重要だといえるでしょう。

副作用が少ない!

医薬品の場合、効き目の高いものは身体の負荷も強く、副作用も心配されます。
しかし漢方の場合天然の素材を組み合わせて体への効果を出すものなので、医薬品と比べて副作用が少ないというメリットもあります。

使用するたびに副作用が起こるのでは安心して使用できませんが、漢方に関しては正しく使用すれば副作用の心配をすることなく使うことが出来ます。

即効性はない

漢方薬は使用することで少しずつ体を改善していくものなので、使用しても効果をすぐには実感できません。

これはどの漢方を使用しても同じなので、漢方薬を使うのであれば継続的に使用し続ける必用があります。

漢方と西洋薬の違い

漢方と西洋薬の違いが分からない人も少なくないでしょう。
西洋薬は医薬成分を配合して、気になる症状をピンポイントで治すための薬です。

そのため風邪には風邪薬、熱には解熱剤といったように症状に合わせて薬を使い分ける必要があります。

漢方の場合、東洋薬と呼ばれる薬に分類されます。
漢方も症状により調合を変えることはありますが、基本的には体全体の状態を包括的に改善することを目的としているので、ピンポイントで症状を治すものではありません。

この点が市販薬と漢方の大きな違いとなります。

≫≫ほかの飲み薬についても知りたい方はコチラ!

イボの種類を知ろう

イボにも種類があり、見た目には同じようなイボでもその原因が全く異なるものであることも少なくありません。
自分のイボがどれに当たるのかを理解するためにも、正しい知識を身に付けましょう。

顔や首にできる老人性イボ


引用:あき皮ふ科

イボの中でも代表的なのが、年齢を重ねていくとともに顔や首などにできる老人性イボです。
老人性イボは老人性疣贅、脂漏性角化症ともいわれます。

皮膚の老化と共に年々増えていき、最初は小さいイボでも徐々に大きくなっていきます。
ほとんどが良性で、色は肌と同じ色から黒まで様々でシミ(老人性色素斑)のようにも見えますが、少し盛り上っています。

なかでも首に多くでるイボは軟性線維腫(なんせいせんいしゅ)とよばれ、次の2種類のタイプがあります。

スキンタッグ・アクロコルドン


引用:美容医療の口コミ広場

スキンタッグとアクロコルドンは老人性イボの一種で、首や胸など皮膚が薄く柔らかい部位にできやすいイボです。

アクロコルドンは平らで1、2㎜くらいの円形で少しふっくらしている茶色いイボで、おおよそ1ミリ~3ミリほどの大きさのイボがたくさんできるのが特徴です。
スキンタッグはアクロコルドンよりも少し大きめで、盛り上がってるものを指します。

これらの軟性線維腫がさらに大きくなると、垂れ下がったような形になり懸垂性線維腫(けんすいせいせんいしゅ)、別名ソフトファイブローマとよばれます。

≫≫老人性イボについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

ウイルス性のイボ(ウイルス性疣贅)

ウイルス性イボは名前の通りウイルスが関与することで出来るイボです。
老人性イボの場合肌の角質化がイボを作り出すため、一度とってしまえば再発することも少ないという特徴があります。

しかしウイルス性の場合はウイルスがなくならないと何度でも再発し、無理やりとってしまうことで悪化する場合も有ります。

ヒトパピローマウイルスというウイルスが関係していますので、イボができた場合はウイルス性かどうかを必ず確認することが重要です。

ウイルス性のイボのなかでも、代表的なものの特徴をまとめてみました。

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)


引用:星の原クリニック

手の平や足の裏に多くみられるイボでウイルス性のイボの95%を占めます
痛みやかゆみはなく、表面がザラザラしており、イボの表面に黒い点々が見える事が特徴です。

扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)


引用:渋谷スキンクリニック

平らな形をしている顔に出来る事の多いイボです。
女性の青年期に多く発生し、表面は滑らかで平らな形状になっています。

足底疣贅(そくていゆうぜい)


引用:公益社団法人日本皮膚科学会

足の裏に出来るいぼで、グレーや茶色などの色をしており、表面はボコボコしています。

体重が常にかかる部位なので、立ったり座ったりすると痛むことがあります。

尖圭(せんけい)コンジローマ

外陰部や肛門などの性器にできるイボで、20代に多く、コンドームなしの性交渉が原因で発症します。
鶏のトサカのようなイボで白やピンク、褐色など様々です。

痛みやかゆみもほとんどありませんが、感染力も強いのが特徴です。

≫≫ウイルス性イボについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

イボは漢方で、じっくり根本的に治そう!

イボは漢方を使用することで漢方を使い時間をかけて治すことで根本的な治療を行えます。
ただし即効性はないので、早く治療効果を得たい方は、皮膚科医の診察を受けた方が良いでしょう。

イボケアができる化粧品などもありますので、自分に合った方法を検討してみてください。
漢方は外側から作用する治療と合わせて使用できるので、どの治療法を選ぶにしても習慣づけるのがオススメです。

≫≫イボケアの化粧品を探すならコチラをチェック!

皮膚科に行かずに自宅でケア!イボケア商品ランキング

商品 キャンペーン
通常6,800円が今だけ1,800円!
>>詳細はコチラ<<
通常7,200円が今だけ1,980円!
>>詳細はコチラ<<
通常8,424円が今だけ7,582円!
>>詳細はコチラ<<
>>どうしてクリアポロンが1位?他商品との比較など詳細はコチラ!