HOME > イボの基礎知識 > イボを放置するとどうなる?危険?イボの原因・治療法まとめ

イボを放置するとどうなる?危険?イボの原因・治療法まとめ

身体にイボが出来たという方は多いのではないでしょうか。

ホクロとイボと良く似ているため、最初はイボが出来てもホクロだと思ってしまうことがあります。
ホクロは盛り上がってくることはありません。

しかしイボは皮膚から盛り上がるものが多いです。
中には皮膚から垂れ下がってくるというイボもあります。

そのため衣服や下着などに引っ掛かり、違和感を覚えることがありました。
イボが出来る原因は何なのか、どんな種類があるのか、治せるのか、これから説明していきます。

イボにお悩みの方は参考にしてみて下さい。

放置は危険?イボの種類と原因

 
イボは老人性とウイルス性と大まかに2種類に分かれます。
このうち老人性は皮膚の老化、新陳代謝の低下、紫外線、皮膚の乾燥、皮膚への刺激などが原因となっています。

良性腫瘍のために放置しても皮膚がんになるという心配はありません。
ウイルス性はヒトパピローマウイルスが原因となっています。

皮膚に傷が出来るとそこからヒトパピローマウイルスが侵入し、感染します。
老人性、ウイルス性にはいろいろな種類があります。
    

尋常性疣贅

 
ウイルス性イボの種類のうち、最も一般的なのが尋常性疣贅です。

ヒトパピローマウイルスの2型、27型、57型に感染すると発症します。
初期の頃は半透明の小さな盛り上がりが見られます。

症状が進むにつれてサイズが大きくなることが多いです。
手足や顔に出来やすいウイルス性イボとなっています。

足の裏に出来る足底疣贅、顔や腕に出来る扁平疣贅といった種類もあります。

老人性疣贅

 
老人性疣贅は脂漏性角化症とも呼ばれる良性腫瘍の一種です。
実年齢より老けて見られるため、老人いぼとも呼ばれています。

特に紫外線の当たりやすい顔に出来る傾向があります。

初期の頃は1ミリから2ミリほどの大きさですが、年齢を重ねるごとに数が増える、大きくなることが多いです。

伝染性軟属腫

 
伝染性軟属腫は水イボとも呼ばれるウイルス性イボの一種です。

子供に良く見られますが、免疫力が低下していると大人でも発症することがあります。
発症すると丸い形の突起物が出てきます。

大きさは2ミリから5ミリ程度、症状が悪化すると大きくなることがあります。

プールなど感染するケースが良く見られます。

尖圭コンジローム

尖圭コンジロームはヒトパピローマウイルスの6型と11型に感染すると発症します。

性感染症の一種となっており、陰部から陰部へと感染するケースが多くなっています。
女性の場合は膣の中に出来て気が付くのに遅れることがあります。

イボを治さないとどうなる?放っておいて大丈夫?

 
老人性イボは治さずに放っておくと症状が悪化することが多いです。

ウイルス性イボは他の人に感染させてしまうことがあるために注意が必要です。

自然治癒力で完治

老人性イボが出来た後でも、新陳代謝の向上などで自然治癒することがあります。
ウイルス性イボも免疫力が正常なら自然治癒していきます。

しかし身体の中に十分な抗体が作られないため、再感染しやすいです。
そのため再発しやすい厄介なイボとなっています。

大きくなって場所によっては痛み出す!

 
良性腫瘍じたいに痛みといった症状はありません。
しかしイボの組織が大きくなると場所によっては痛み出すことがあります。

特に尖圭コンジロームは場所によっては痛みの他、かゆみといった症状も出てくることがあります。

広範囲に広がる!全身イボだらけ!?

アクロコルドンやスキンタッグといった老人性イボは首回りなどに広がることがあります。
サイズが小さくても広がると目立ってきます。

ウイルス性イボを指で触り、その指で他の部位を触ると広がることがあるため、触らない方が良いです。

イボを発見したら~治療方法のススメ~

 
イボを発見したらなるべく早めの治療がオススメです。

イボには様々な治療方法があり、症状に合ったものを選べます。

自力で直す

自力で直す場合はハサミで切るという方法があります。
イボを指で摘み、根元から切るだけで終了です。
しかしハサミに雑菌が付いていると、傷口から侵入し、化膿する恐れがあるために注意が必要です。
大きなイボに行うと傷口が大きくなり、傷跡が残ることがあります。

リスクが高いためにあまり自力で切らない方が良いです。

市販薬の力を借りて治す!

ヨクイニン配合の市販薬で治すという方法もあります。
ヨクイニンには免疫力の向上、新陳代謝の向上などの作用があります。

サリチル酸配合の塗り薬はイボの組織を柔らかくする作用があります。
しかし皮膚の柔らかい場所には使えないという注意点があります。

民間療法で治す!

ウイルス性イボの場合は竹酢液を使用するという民間療法で治ることがあります。
竹酢液を綿棒に含ませて、イボに押し当てていくという民間療法です。

その他にもヨクイニンや杏子エキスなどを配合した専用クリームを使用するという方法があります。
老人性イボが見られる肌にクリームを塗布して使用します。

ただし必ず効果が出るという保証はありません。

病院に相談!

  
確実に治したい時は病院に相談するのが一番です。
液体窒素、レーザー療法、電気焼灼法などから最適な治療方法の提案が受けられます。

液体窒素での治療

液体窒素での治療ではマイナス196度という超低温でイボの組織を凍結させています。
凍結させると凍傷が起こり、イボの組織が破壊されていきます。

綿棒に含ませる、スプレーするなどの方法があります。
大掛かりな装置が不要なため、多くの病院の皮膚科で導入しています。

保険が使えるために治療費が安いというメリットがあります。

しかし痛みを伴うことが多いイボ治療となっています。
色素沈着が残る可能性があるため、目立たない場所に適しています。
  

レーザー療法

レーザー療法では水分に反応する炭酸ガスレーザーを用いています。
このレーザーを照射すると首イボの組織が蒸散していきます。

精度の高いレーザー照射が出来るため、仕上がりが良いというメリットがあります。

その代りに保険が使えないことがあります。

電気焼灼法

電気焼灼法は電気メスを用いてイボの組織を焼き切るという治療です。

局所麻酔をかけるために治療中の痛みは殆どありません。
数の多いイボにも適している治療です。
焼灼が浅いと再発しやすくなる、深いと傷口の回復までに時間が掛かるため、経験豊富な医師から治療を受けたいところです。

イボを見つけたら、手遅れになる前に早めに治療しよう!

数が増えてからの治療では時間も費用も掛かってしまいます。

良性腫瘍では無く、悪性腫瘍だった場合は危険です。
悪性度の高い種類の場合は転移する恐れがあるため、なるべく早めに治療を受けたいところです。

病院では病理検査が受けられるため、良性腫瘍なのか悪性腫瘍なのかハッキリします。

皮膚科に行かずに自宅でケア!イボケア商品ランキング

商品 キャンペーン
通常6,800円が今だけ1,800円!
詳細はコチラ
通常9,800円が今だけ2,980円!
詳細はコチラ
通常8,424円が今だけ7,582円!
詳細はコチラ
>>どうしてクリアポロンが1位?他商品との比較など詳細はコチラ!