HOME > イボの治し方 > ヨクイニンを飲んでイボを撃退!加齢による悩みを解消!

ヨクイニンを飲んでイボを撃退!加齢による悩みを解消!

30歳を過ぎた頃から皮膚にポツポツとした突起が出来た時はイボである可能性大です。
最初はサイズが小さく一つ二つのイボでも、年月の経過とともにサイズが大きくなり数が増えていきます。
皮膚の柔らかい首回りに出来るものを首イボと呼んでいます。

そんな首イボを取りたいという方に注目されているのがヨクイニンです。
ヨクイニンのことをまだ知らないという方のためにどんな成分なのか、どんな効果が期待出来るのか、どんな薬があるのかこれから紹介していきます。

ヨクイニンとは?

ヨクイニンは数多くある生薬の一つです。
生薬では植物、動物、菌類、鉱物などを原材料に使用しています。
ヨクイニンの場合は植物であるハトムギです。

ハトムギはイネ科の穀物で、日本では良くハトムギ茶に使用されています。
このハトムギの殻を剥いた種子がヨクイニンとなります。
漢方薬にもこのヨクイニン配合のものが見られます。

ヨクイニントウという漢方薬ではマオウやトウキ、ソウジュツ、ヨクイニン、ケイヒ、シャクヤク、カンゾウと複数の生薬を配合しています。
関節痛や筋肉痛の改善に効果がある漢方薬です。

体の内側からキレイに?ヨクイニンの効果

このヨクイニンを摂取するとイボの改善が期待できます。
体の内側からイボを取っていくため、身体や皮膚への負担が少ないのが良い点です。

栄養価が高い

ヨクイニンがイボに良いのはその栄養価に理由があります。
ヨクイニンの原材料となるハトムギにはビタミンやミネラル、タンパク質、食物繊維などの栄養素が含まれています。
特にタンパク質は精白米と比べると2倍以上も含まれています。
これらの栄養素がバランスよく含まれているのが良い点です。

肌のターンオーバーを促進

皮膚の一番上にあるのが表皮です。
表皮はさらに角質層、顆粒層、有棘層、基底層に分かれています。
表皮の一番下にある基底層にて新しい皮膚細胞が生まれて有棘層、顆粒層、角質層へと押し上げられていきます。
そして角質層にて垢となって剥がれ落ちていきます。

この流れのことを肌のターンオーバーと言います。
しかし年齢とともに遅くなると、イボが出来やすくなるのです。
ヨクイニンにはこの肌のターンオーバーを促進させる働きがあります。
古い角質が元になるイボを自然に取っていきます。

新陳代謝を高める

ハトムギにはコイクセラノイドという脂肪酸が含まれています。
このコイクセラノイドには新陳代謝を高める働きがあり、腫瘍抑制作用があると言われています。
イボも皮膚に出来る腫瘍のため、期待の大きな成分となっています。

イボ以外にも効果あり?ヨクイニンの効能

ヨクイニンはイボだけじゃなく、肌荒れにも効能があります。
そのため肌トラブルに悩まされている方にも魅力の大きな成分です。
血行を促進させる働き、炎症を抑える働き、皮膚を柔らかくする働き、保湿する働き、免疫力を向上させる働きもあります。

どのくらいの期間で効果は現れるか

ヨクイニンを摂取しても1日や2日で効果は現れません。
個人差がありますが1か月ほどは掛かります。
イボが出来てから年月が経過している場合は3か月以上見た方が良いです。
風邪薬や胃腸薬のようにすぐに効果が表れる成分ではありません。

体に優しいの?ヨクイニンの副作用

薬を飲む時に気になるのが副作用です。
しかしヨクイニンは漢方薬にも用いられる植物由来の成分のため、体に優しいのが良い点です。
重大な副作用はありませんので安心して飲み続けることが可能です。

しかし発疹や蕁麻疹、胃部不快感、下痢などの副作用があります。
副作用が中々治まらない時は使用を中止して下さい。
特に下痢が続く時はすぐ医師に診て貰った方が良いです。

市販薬と処方薬との違い

ヨクイニン配合の薬には市販薬と処方薬があります。
市販薬は文字通り、街のドラッグストアなどで市販されているという特徴があります。
簡単に入手出来るのが良い点です。

処方薬を入手するには医師からの処方箋が必要です。
どこでも入手出来るという薬ではありません。
病院によってはヨクイニン配合の薬を処方していない場合があります。
そのため処方薬を使用したい時は事前にお問い合わせしてから来院して下さい。

飲み方の注意

ヨクイニンは安全性の高い成分とは言え、飲み方には注意が必要です。
間違った飲み方だと効果が出ない上に、副作用のリスクまで高まってしまいます。

一日に飲む量や服用のタイミング

ヨクイニン配合の薬では一日に飲む量が予め決められています。
パッケージに記載してある使用方法をきちんと守って下さい。

一日に飲む量は市販薬の場合、1,500mgから6,000mgまでのものが多くなっています。
他では食後30分以内に服用する薬が多く見られます。
しかしヨクイニン配合の薬は食前または食間というタイミングで服用します。

妊娠中や授乳中の服用

ヨクイニンを服用する時に注意したいのが妊娠中の女性です。
妊娠中の女性が服用するとヨクイニンの利尿作用によって身体が冷えてしまいます。
授乳中の女性も医師に相談してから服用した方が良いです。

他の薬と併用

ヨクイニン配合の薬の場合、併用出来ない薬というものは特に見当たりません。
しかし飲み合わせによっては悪い影響が出る可能性があります。
そのため医師に相談してからの併用がおすすめです。

アレルギーを持っている場合

薬によってアレルギーを起こしたという方も注意が必要です。
小麦アレルギーを持っているという方も服用しない方が良いです。

市販で買えるヨクイニン剤をご紹介

市販で買えるヨクイニン剤は様々です。
その中から特におすすめなものをこれからご紹介していきます。

クラシエヨクイニンタブレット

クラシエヨクイニンタブレットでは1日当たりヨクイニンエキス1,500mg摂取することが可能です。
タブレットの粒が小さいために飲みやすいです。
1日3回お水またはぬるま湯で飲んで下さい。

本草ヨクイニン錠S

本草ヨクイニン錠Sでは1日当たりヨクイニンエキス4,200mg摂取できます。
たっぷり摂取出来るのが良い点です。
公式サイトで購入すると通常価格より安くなります。

はとむぎエキス(DHC)

はとむぎエキス(DHC)は薬では無くサプリメントです。
ハトムギエキスを13倍までに濃縮して配合しています。
1日当たりハトムギエキス170mg摂取出来ます。
薬と比べると穏やかな作用となっていますが、価格が安いために気軽に続けられるのが良い点です。

リスクを少なく、体の内側からイボへ働きかけて!

イボには手術、レーザー、液体窒素などの治療方法があります。
治療方法によっては傷跡や色素沈着などのリスクがありました。
しかし体の内側から働きかけるヨクイニン配合の薬なら傷跡や色素沈着といったリスクはありません。
痛みを感じることも無いため、手軽に始めることが可能です。

皮膚科に行かずに自宅でケア!イボケア商品ランキング

商品 キャンペーン
通常6,800円が今だけ1,800円!
詳細はコチラ
通常9,800円が今だけ2,980円!
詳細はコチラ
通常8,424円が今だけ7,582円!
詳細はコチラ
>>どうしてクリアポロンが1位?他商品との比較など詳細はコチラ!