HOME > イボの種類 > 老人性イボとは?放置しても平気?原因と治療法まとめ

老人性イボとは?放置しても平気?原因と治療法まとめ

老人性イボは、年を取ると誰にでも発症します。
老人性イボの大半が老化現象が原因なので、怖いものではないと言われています。

でも、イボが首などにあるだけで老けて見えるので嫌ですよね。

老人性といっても、若い人でも発症するケースも普通にあるそうなので、他人事ではありません。

老人性イボができないようにする方法があったら知りたいと思いませんか。

老人性イボができる原因やケア方法などについて調べてみましたので、参考にしてみて下さい。

老人性イボとは

老人性イボは、正式には脂漏性角活症と言います。

20代でも発症しますが、80代になるとほぼ100%の人に脂漏性角活性症が見受けられます。

老人性イボは、一種の老化現象で老人性疣贅とも言います。

発症箇所は、顔、頭、体幹等で良性の主要となります。

例えば、メガネをかけている人で気が付くとメガネのパッドが当たる箇所にイボができたり、タオルで垢すりをすると、よく擦る部分にイボができている、といったことはありませんか。

これらが、いわゆる老人性イボなのです。

見た目の特徴

老人性イボの色は、正常な皮膚の色から褐色、黒褐色等様々な色調があります。

形態も様々で、平坦なものから隆起するものまであります。

それから、強い刺激にさらされると、痒みを生じることもあります。

アクロコルドンという平らで1mm程度のイボは、スキンダックとも呼ばれるイボで、首などに無数に発生します。

扁平疣贅は、平べったいイボでウイルス性のものです。

また、スキンダックは突起状のものがブラブラぶら下がったようなイボです。

ウイルス性のイボは、皮膚の免疫力が低下しウイルスに感染したことで発生します。

老人性イボができる原因

老人性イボの主な原因は、老化現象です。
他には、遺伝や日光に当たることで皮膚が老化することが原因とされています。

それから、敏感肌で外的刺激に弱い人にも現れやすい傾向があります。

年を取ると肌のターンオーバーが遅くなり古い角質が蓄積されてシミができやすくなります。

それに、年齢と共に免疫力も低下してくるので、ちょっとしたことで体調を崩したり、体調を元に戻るのが遅くなってきます。

併せて、紫外線を浴びることで老人性色素斑というシミからイボへと移行してイボができやすくなるのです。
屋外で運動する人や、仕事で外に出る機会が多い人は、普段から日焼け対策をしていないと、シミが気付いた時にはイボになってしまう可能性大です。

皮膚科での治療法

老人性イボは、経過観察をすることで良性か否かが分かります。

総合病院や大学病院などで、他の病気や悪性の腫瘍が疑われる場合は、摘出して組織を検査します。

悪性の疑いがない場合は、そのままにしても問題はありません。

しかし、ウイルス性のイボは、良性ですが触ると他の部位にイボが感染し発生してしまいますので、そのままにせず取ることをおすすめします。
自分で判断せずに、皮膚科で診てもらうのが一番です。

美容目的で取りたい場合は、いくつか方法を紹介しますので、参考になさって下さい。

イボの種類や状態に適した治療方法を行うことで、跡が残らずに済みます。

はさみで切除

小さく隆起したイボは、ハサミで簡単に切れそうですが、自分でイボを処置するのは、跡が残ったりイボが大きくなってしまったりする原因となりますので止めましょう。

小さなイボであっても、意外と出血してしまうことがあります。

出血箇所からバイキンが入って悪化してしまうと余計にイボが悪化するかもしれません。

皮膚科に行くと、医療用のはさみで簡単に老人性イボをカットしてもらうことができます。

しかし、大きさによってはカットしてもきれいに取り切れない場合があります。

傷みはほとんどありませんが、場合によっては麻酔をします。施術後は、1週間程度で傷が治ります。

冷凍凝固治療

液体窒素による冷凍凝固療法とは、マイナス196°の超低温の液体窒素を綿棒などに染み込ませたもので患部を急激に冷やし、低温火傷させることにより、皮膚表面の異常組織を壊死させて新たな皮膚の再生を促す方法です。

液体窒素による治療は、凍結療法、冷凍凝固療法とも呼ばれています。1回の治療では完治しないため、1~2週間に1回のペースで治療を繰り返します。

液体窒素を押しあてた患部組織は、低温火傷により壊死するため治療後しばらくすると、内出血、水膨れ、傷みが伴うことがありますが、徐々に戻ります。皮膚科では、保険が適用されます。

レーザー治療

レーザー治療は、出血が殆どなくきれいに治ります。

レーザーを照射する部位を消毒し、麻酔をしたらレーザーを照射したら消毒するだけです。

麻酔をするので、痛みはほとんどありません。通常は、1回の治療となりますが、イボの大きさによっては数回に分けて行う場合もあります。

皮膚の表面が盛り上がっているタイプのイボに適している治療方法です。治療を受ける場合は、治療の1ヶ月くらい前から肌を焼かないようにする必要があります。

治療後に患部が赤くなったり、熱を持ったようになる場合がありますが、2~3日程度で落ち着いてきます。治療当日は、長時間の入浴やアルコール摂取を控える必要があります。

放置しても大丈夫?

老人性イボは、放置しても問題はありません。

しかし、イボが徐々に大きくなることがあります。

紫外線を多く浴びる箇所は、イボが多く出る場合があります。多発している場合は、内臓ガンなど他の病気が原因となっていることもありますので、気になる場合は皮膚科医に相談しましょう。

特に、痒みを伴って急に増えたり、大きくなるといった場合には皮膚科を受診することをおすすめします。

また、日光角化症は、皮膚にできる初期のガンですが、ガン細胞が長い期間皮膚の一番外側の表皮の中に留まっている表皮内ガンです。

その原因は、長い年月紫外線に当たることによるものです。
表面が少しザラザラして赤みがあるイボや、かさぶたで覆われたイボがる場合は要注意です。

老人性イボかな?と思ったら早めに対処しよう

イボは、遺伝的なものの場合は対処が難しいですが、普段からしっかりとUVケアや保湿ケアを行うことで、ある程度老人性イボの発症を抑えることができます。再発を防ぐためにもUVケアと保湿ケアが重要となります。

また、洗顔後や入浴後の肌をタオルでゴシゴシ擦るのもNGです。

肌に強い摩擦を与えることで、イボができやすくなるからです。外側からのケアの他に、ビタミンCやコラーゲンのサプリを積極的に摂取するのも良い方法です。

年を重ねるに従って肌はダメージを受けやすなっていますので、肌を優しくいたわるようにケアしましょう。

皮膚科に行かずに自宅でケア!イボケア商品ランキング

商品 キャンペーン
通常6,800円が今だけ1,800円!
詳細はコチラ
通常9,800円が今だけ2,980円!
詳細はコチラ
通常8,424円が今だけ7,582円!
詳細はコチラ
>>どうしてクリアポロンが1位?他商品との比較など詳細はコチラ!