HOME > イボの治し方 > 指に出来たいぼの簡単な治し方とは

指に出来たいぼの簡単な治し方とは

指にいぼが出来ると、見た目が非常に悪く、気になって仕方なくなりますから、早めに治さなくてはなりません。
いぼは、ヒトパピローマウイルスに感染したために出来た腫瘍のことで、自然に治ることもありますが、ウイルス感染が広がり、別の指や手の甲に増えることもあるので注意が必要です。
爪などで簡単に削れそうな気がしますが、削ると、いぼの中のウイルスが撒き散らされるので、余計に大きくなったり、増殖することがあるので、薬で治すようにしてください。

指に出来たいぼの簡単な治し方は、薬局やドラッグストアに売っている、サリチル酸を主成分としている外用薬を使うことです。
液体タイプと絆創膏タイプがあるので、どちらでも好きな方を選ぶと良いですが、角質が柔らかくなっている入浴後に使用すれば、成分が浸透しやすくなるでしょう。
サリチル酸には角質軟化作用があるので、皮膚の角質を柔らかくして、細胞分裂の促進を促せます。
細胞分裂が促進され、新しい皮膚が再生されると、いぼが皮膚によって押し上げられるので、スムーズに除去できるというわけです。
もっと確実な治し方は皮膚科に行くことなので、自力で治せる自信がない人はお医者さんに任せてください。