自宅でできる指のいぼの治し方

指などにできてしまういぼは、ヒトパピローマウイルスに感染することで引き起こされる腫瘍です。
いぼが大きくなってしまったり、他の部分に広がってしまうため、早めに対策することが欠かせません。
他人に移してしまうこともあるので要注意です。
病院で医師に正しい治療を行ってもらうことも可能ですが、小さいいぼの場合、自宅で手軽にできる治し方があるので試してみましょう。
薬局やドラッグストアで購入できる薬もあるため、自宅で治したい方も安心です。
おすすめは、サリチル酸が含まれている薬です。
サリチル酸は、皮膚の角質を柔らかくする作用があり、いぼに塗ることで角質が腐食して柔らかくすることができます。
その後、皮膚が新しく再生してくるため、綺麗にいぼを除去できる治し方となっています。
サリチル酸が含まれている外用薬を使ってケアをする場合は、入浴後に使用することがベストです。
入浴後に使用することで皮膚が柔らかくなってるので、より高い改善効果を期待することができるでしょう。
1日に4回程度、外用薬を患部に塗布して3日ほど繰り返すことで改善効果を実感することができます。
簡単に実践できる治し方なので試してみてはいかがでしょうか。